ブログ集客おすすめの方法とコツを女性専門に教えるコンサルタント笹野健

ブログ集客におすすめの方法とコツを女性専門に教えているコンサルタントの笹野健です。14年間で4,000名以上の女性の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破しました。

人は皆、高く売りたいし、安く買いたい

人は皆、高く売りたいし、安く買いたいものです。要するに「自分本位」であり「わがまま」だということです。

 

【執筆者:笹野健

(女性専門のブログ集客コンサルタント。2009年に起業して以来、13年間で3,900名以上の女性の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。詳しいプロフィールはこちら。)

 

自分が買い物をする時は「コスパ重視」な人ほど、売る側になると急に「付加価値が大事だ」と言って、高く売ろうとします。

 

10円単位の値引きにいちいち反応するのに、今より5千円とか1万円も値上げ出来ないかなと常に考えています。

 

普段から「良いものにはお金を惜しまない」という人なら、付加価値をつけて高く売ろうとするのは分かります。惜しみなくお金を出す人の気持ちが、よく理解できているからです。

 

そうではなく、日常的に安いものを求めている人が、高く売ろうとするのは「矛盾」してますよ、という話です。

 

個別コンサルで「今より高く売りたいです」と相談されることが多いです。そういう人に、普段どのように買い物していますか?と質問すると、ほぼ100%の確率で「1円でも安く買えるように工夫しています」と返ってきます。この時点でおかしいのです。

 

こういう人は、節約志向やコスパ重視の人の気持ちならよく分かります。何よりも本人がそうだからです。それなら、そちらの気持ちに寄り添って商品を作ったり価格設定をした方が、はるかに上手くいきます。

 

売る時は高く売りたいし、買う時は安く買いたいという気持ちは本当によく分かります。人は皆そうです。

 

が、お金を払うのはお客様です。払うかどうかを決めるのもお客様です。自分がどう思うかは二の次、三の次であり、お客様がどう思うかが肝心なのです。

 

そこが理解できるようになると、適切な価格設定が出来るようになります。

 

【まとめ】

・普段から節約志向やコスパ重視の人は、それに合わせた価格設定をした方が上手くいく

・高いものにお金を惜しまない人なら、それなりの価格設定は可能

→女性起業家向け集客、アイデア、成功のコツ

→個別コンサルの料金と詳細