ブログ集客おすすめの方法とコツを女性専門に教えるコンサルタント笹野健

ブログ集客におすすめの方法とコツを女性専門に教えているコンサルタントの笹野健です。14年間で4,000名以上の女性の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破しました。

新御茶ノ水「萬龍」の肉玉チャーハン【エッセイ】

「マツコの知らない世界」でチャーハン特集をやっていたので、酔っぱらいながら見ていた。そこで紹介されていたのが新御茶ノ水駅にある萬龍というお店。他にも「嵐にしやがれ」にも出ているとのこと。

 

【執筆者:笹野健

(女性専門のブログ集客コンサルタント。2009年に起業して以来、13年間で3,900名以上の女性の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。詳しいプロフィールはこちら。)

 

放送の内容はあまり覚えていないが、iPhoneのメモには「肉玉チャーハン」とある。これは行かねば、と思い、平日の13時過ぎに訪問することに。

 

新御茶ノ水駅徒歩10秒と書いていたが、本当だった。駅を出て左手すぐ。4人ほど並んでいる。並ぶのはとてつもなく嫌いだが、店内を覗くと片付けが済んでいないだけなので、これなら早いかと思い最後尾へ。案の定5分程で店内に入れた。

 

観察していると、客の7割ほどが「肉玉チャーハン」を頼んでいる。カウンターに座り、店内のテレビで高校野球を見ていたらあっという間に出てきた。

 

ビジュアル、完璧。これは食欲をそそられる。スープが付いているのは想定内だが、まさかの焼売2個付き。嬉しい誤算。

 

左利きなので、レンゲは左。お皿の左手に添えられている焼売をまずは何とかせねば、崩落の危機にある。ということで、まずは焼売から。何も付けずに頬ぼったが、そのままで充分に美味しい。

 

お次はチャーハンの「頂点」に君臨する豚バラ肉を。これとご飯部分を一緒に食べる。豚バラ肉のタレが絶妙。ご飯に染みている部分が泣かせる。

 

続いてふわふわの卵部分に突入。これはちと難しいので、お箸も使う。レンゲとお箸の二刀流。まるで大谷翔平みたいだ。

 

この卵、見た目以上の実力。そこまで柔らかそうに見えないが、食べてみるとふわっふわ。これも良い意味で裏切られた。

 

「うわぁ〜好きだなぁ〜この感じ」と思いながら、あっという間に完食。ボリューム的に男向けかと思いきや、女性客も多い。

 

このクオリティで900円は安い。安すぎる。餃子やニラレバも気になるし、近くにあったら通ってしまうに違いない。

 

幸せな気分で桜を見つつ、靖国通りを神保町方面に歩くのであった。

→エッセイ・コラムの一覧

→個別コンサルの料金と詳細