ブログ集客おすすめの方法とコツを女性専門に教えるコンサルタント笹野健

ブログ集客におすすめの方法とコツを女性専門に教えているコンサルタントの笹野健です。14年間で4,000名以上の女性の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破しました。

新宿御苑前「甚六」の親子天ぶっかけうどん【エッセイ】

TVプロデューサー佐久間宣行さんの著書で知ったのが、こちらのうどん屋さん。新宿御苑前駅 甚六

 

新宿御苑前は名店が多いことで知られ、たまに足を運ぶが、ここは完全に「盲点」だった。が、気になったらすぐに解決したい質(たち)なので、早速行ってみることに。

 

【執筆者:笹野健

(女性専門のブログ集客コンサルタント。2009年に起業して以来、13年間で3,900名以上の女性の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。詳しいプロフィールはこちら。)

 

行列必死と書いていたので、それを避けるために13時過ぎに到着。が。先に5人ほど並んでいた。とは言え、5分程で入店。長い長いカウンターの奥に案内してもらう。

 

メニューは色々ある。冷も温もある。あるのだが、もう決めてある。佐久間さんおすすめの「親子天ぶっかけうどん」でいざ勝負。

 

うどん屋さんにしては客層が若い。食べログの「うどん百名店」に何年も連続で選ばれていたり、ミシュランに掲載された影響か。女子三人組は熱心にインスタグラムの投稿を見ていたので、それもあるかもしれない。

 

10分かからないくらいで、うどんが出てきた。まず、見た目が美しい。うどんでこんなにきれいな「トルネード」見たことないぞ、という美しさ。

 

崩したくないが、崩さないと食べれない。あぁ、もどかしい。というこの「もやもや感」がたまらない。

 

意を決して一口。はい、美味しい。これは美味しいうどんです。という顔をしているんだろうな、きっと。と思いながら、二口目も三口目も食べ進めた。

 

かしわ天+半熟卵の天ぷらで親子天とのこと。こんなの、嫌いな人いないだろうという夢の組み合わせ。かしわ天はふんわり柔らかいし、卵はもう抱きしめたいくらいの美味。

 

この歳になって、半熟卵の天ぷらが「たまらなく好きだ」ということにようやく気付いた。ありがとう、甚六さん。

 

ぶっかけうどんなので、走り出したら早い。ゴールまであっという間。ものすごく名残惜しいが、既に次のことを考えている。

 

お昼の営業も16時までやっているし、西新宿店も出来たので、行けるチャンスは多い。二回目の訪問時は、全く同じメニューで、温かいうどんにしてみよう。

 

ここは素直に美味しいと思う。だから流行るんだろうな。人気のあるお店ってこういうことなんだろうなと思わる名店。

→エッセイ・コラムの一覧

→個別コンサルの料金と詳細