ブログ集客おすすめの方法とコツを女性専門に教えるコンサルタント笹野健

ブログ集客におすすめの方法とコツを女性専門に教えているコンサルタントの笹野健です。14年間で4,000名以上の女性の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破しました。

野球もサッカーも審判はもういらない【コラム】

佐々木朗希投手と白井審判の問題が話題になっているが、審判はもういらないと、ずっと前から思っている。野球もサッカーも。

 

【執筆者:笹野健

(女性専門のブログ集客コンサルタント。2009年に起業して以来、14年間で4,000名以上の女性の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。2,600文字超えの詳しいプロフィールはこちら。)

 

そもそも、プロのトップアスリートを判定するのが「いい歳したおっさん」というのがおかしい。どう考えても動体視力は衰えているだろうし、体力的にも厳しい。見えていない人が裁くという時点で公平性に欠けている。

 

長年の経験が大事だという意見もあるかもしれないが、それでは疑わしい部分があるからこそ、映像で再確認する「リクエスト」が導入されたのではないのか。

 

それと人間には「感情」がある。それが入ってしまうと、物事が客観的に判断できない。当然、誤った判定を下すことも出てくる。

 

佐々木朗希投手と白井審判のやり取りもDAZNで生で観ていたが、映像で冷静に判断すれば完全にストライクだし、仮にその判定に不服そうな態度を示したとしても、審判がいなければこんな騒動にはならなかった。

 

それなら最初から人間の審判を立たせず、映像だけでボールかストライクか、アウトかセーフかを判定すればいいのでは?

 

サッカーも同様。今年のJリーグは異常なくらい退場者が多いが、映像でしっかり確認すると、本当に退場が妥当だったのか?というプレーがいくつもある。

 

ガンバ対アントラーズの開幕戦でパトリック選手が退場になった。もつれ合った鈴木選手を払いのけようとした手が顔に当たったように見え、それが退場の対象となったのだが、映像で見ると全く当たっておらず、鈴木選手のシュミレーションだと判明した。

 

この時も審判は「反射的に」レッドカードをすぐに出したが、これも一旦プレーを止めて、場内のビジョンで映像を流し、みんなで確認すれば、退場者は出なかったと思う。

 

サッカーで言うともう一つ問題なのが、審判に対して不服を申し立てる選手がとても多いこと。PKの判定になると、全員で審判を取り囲んだりする。

 

これも人間の審判がいるからそうなる訳で、もしいなければ不服の申し立てようがない。疑わしいプレーはすぐに映像で客観的に確認することを徹底すれば、文句も出なくなる。

 

人間の審判が判定すれば、見る方向は一つだし、見えない部分も出てくるし、感情が入るし、文句を言われる可能性がある。

 

これを完全に映像だけにしたら、色んな方向から見れるし、見えない部分は極限まで減るし、感情は一切入らないし、文句も言われない。

 

どちらがより正確にジャッジ出来るか、一目瞭然なのだが、2022年でもまだ人間の審判が捌いている。これだけ技術が進歩しているのだから、もうそろそろ、今までのやり方を変えてもいいのでは?と、、もう何年も前から思っている。

→エッセイ・コラムの一覧

→個別コンサルの料金と詳細