女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2022年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のコンサルタント笹野健によるブログです。

「儲かりそう」と思って起業すると儲からない

「儲かりそう」と思って起業すると儲かりません。こういう人は本当に多いですが、実際に儲かった人を見たことありません。一時的に儲かっても、後が続きません。最終的には「悲惨」な状態になっています。

 

本当に儲かるのは、採算度外視で、自分がやりたくてやっているとか、人の為になりたいと思ってやっている人です。そういう人なら、お客様はお金を払っても良いかなと思うからです。

 

あなたが買い手になった時、売っているのがAさん、Bさんと二人いたとします。値段も売っている商品のレベルもほぼ同じです。どちらから買っても構いません。この時、何で決めるかです。

 

Aさんはその仕事が好きで好きでたまりません。お客様の為を思って日夜研究に励んでいます。コストも極力抑え、良いものを安く提供しようと、ギリギリでその価格設定にしています。

 

Bさんはこの仕事に愛着はありません。たまたまネットで見かけ、儲かっている人がいるということで、自分も始めてみただけです。

 

値段の付け方も適当で、同業者と同じようにしているだけです。月にいくら売れて、年間でこのくらいで、というように、いつもお金の計算ばかりしています。

 

ここまで聞くと、どちらから買いたいか、ハッキリすると思います。Bさんにわざわざお金を払いたいという人は滅多にいません。身内か、強制的に買わされる人くらいです。ほとんどの人がAさんを選びます。

 

ここから恐ろしいことを言います。

 

起業して売れない売れないと嘆いている人のほとんどが、実はBさんと同じことをやっています。知らず知らずのうちに「儲かりそうだからやってます」というのが滲み出ています。

 

普段の言動や行動、ブログやSNSに書いている文言に、それはもうどうしようもないくらい出てしまっているのです。本人は気付きません。他人から見ると、すぐに分かります。「あ、この人は、自分の利益の為だけにやってるんだな」と。

 

最近はそういうところに敏感な人が増えました。チェックが厳しくなっています。そういう部分を意識しないと、以前のようには売れなくなっているのです。

 

一度、他人の目で、客観的にチェックしてもらうことをお勧めします。あなたの「全て」を。そうすることにより、どこがどう引っかかっているのかが判明します。その部分を改善すれば良いのです。

→起業準備中・起業したい人向けの記事

→【顧客実績日本一】個別コンサルの料金と詳細