女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2022年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のコンサルタント笹野健によるブログです。

運も才能もない人が好きなことばっかりやってると確実に貧しくなる

「好きなことをして生きていきましょう」とか「好きなことを仕事にしましょう」という風潮がここ数年強いですが、そのジャンルで生きていけるかどうかは、運と才能と需要がある場合だけです。それを無視して本当に好きなことばかりやっていると、確実に貧しくなります。

 

例えばスイーツが好きな人が、スイーツのことをSNSに熱心に投稿しても、それが仕事に繋がるかどうかは別問題です。運良くテレビ番組のスタッフに見つかれば良いですが、そんな人はたくさんいるので、競争が激しいです。

 

お店を探す嗅覚や、写真を上手に撮るセンス、文章力や表現力も必要でしょう。何よりも、結果が出なくても淡々と続ける才能が必要です。

 

それら全てがあったとしても、メディアに取り上げられるかどうかは、これまた運次第です。自分ではどうにも出来ません。

 

運良く取り上げられても、単発で終わる場合がほとんどです。ギャラも出ません。ここまでやっても「売上ゼロ」です。それならその時間を使ってバイトでもした方が、収入としては高くなります。

 

スイーツにかけるお金も、交通費もかかります。好きなことをするのは大事なことですが、それにかかる費用をまずは稼いでからの方が、目一杯楽しめます。

 

ネット上や頭の悪そうな女が読みそうなお手軽本には、好きなことを仕事にした人のキラキラした「物語」がよく書かれています。あれを鵜呑みにして、自分にも出来ると思っている時点で、相当頭が悪いなと思います。

 

自分の才能はどこにあるのか。才能が仮にあったとして、その分野にはどれだけ需要があるのか。そこまで冷静に客観的に分析できる人でないと、売れるようにはなりません。

 

売れる人というのは、そういうことを日々やっています。そういう人に運は向いてくるのです。

 

売れている人の「表面」だけ見ると、失敗する可能性が極めて高いということを、よく覚えておきましょう。

→起業後の集客・アイデア・成功のコツ

→【顧客実績日本一】個別コンサルの料金と詳細