女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2022年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のコンサルタント笹野健によるブログです。

2022年時点でアメブロは本当に検索に弱いのか?

「アメブロは検索に弱いんですよね?」と、もはや既成事実のように個別コンサルで聞いてくる人がいますが、別にそんなことはないんじゃないかというのが、2022年時点での率直な意見です。

 

実を言うと、私は「実験用」にアメブロのアカウントをこっそりと稼働しています。そこで色々と試しているのですが、「たった一週間でGoogle1位」を取った記事が3本もあります。10位以内に入った記事も10本あります。

 

文字数も少なくて、ここ数年流行しているような書き方でもありません。しかも文章は途中で終わっていて、別サイトにリンクで飛ばしています。

 

そんな状態でも「Googleで1位」を取れるということは、アメブロがどうのこうのではなく、キーワードの選び方であったり、他のサイトとの競合性であったりという点が、重要視されているということです。

 

「アメブロは検索に弱いから、ワードプレスにした方がいいですよ」と教えている人も多いですが、パソコンに不慣れな素人からすると、ハードルが高すぎます。その「指導料」としてお金を取りたいのが見え見えなのが、心底ダサいなと思います。

 

ブログサービスなんて、あれこれ試してみて、自分が使いやすいと思ったものを使えば、それで充分です。私はアメブロよりもはてなブログの方が使いやすいので、そうしているだけで、他に理由はありません。

 

検索に引っかかるかどうかは、そのキーワードの競合性にもよります。競合しているサイトとの相関関係もあります。だから一概には言えません。

 

アメブロだからどうとか、ワードプレスだからどうとか、独自ドメインじゃないとダメとか、そういうことではないのです。

 

ということを踏まえて、あなた自身が使いやすいものを選んでください。これが「正解」です。

→【2022年最新版】ブログ集客のコツ、方法、書き方

→【顧客実績日本一】個別コンサルの料金と詳細