女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2022年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のコンサルタント笹野健によるブログです。

女同士の傷の舐め合いでは永遠に問題は解決しない

女が女に相談しても、ほとんどの場合、解決しません。同じような話が堂々巡りして、共感だけに終わり、二時間経っても一歩も前に進んでいません。何人に相談しようが悩みが晴れないのは、これが原因です。

 

女性のコンサルタントやカウンセラーに相談しても悩みが解決しなかった人が、私の元にたくさんやってきます。週によっては、そんな人ばかり4人も5人も来ます。

 

そういう人が必ず言うのが「女同士の傷の舐め合いでは無理ですね」という言葉です。これは何かの「暗号」なのか?と思うほど、本当によく聞きます。

 

嫌われたくないのか、キツイことを言うことに慣れていないのか、具体的な解決策が思いつかないのか。たぶん全部だと思いますが、女同士の話し合いは、横で聞いていても「平行線」のままだなとつくづく思います。

 

そもそも解決しようと思っていないのでしょう。他人に自分のことを聞いてもらうことが目的で、特にアドバイスを求めていないということもあるでしょう。

 

が、しかし、それではスッキリしない。一人で悶々としたままで気持ち悪い。女性でもそういう人が一定数いるからこそ、私のところに相談に来る人がこれだけいるのです。

 

私は別に嫌われたくないとは思いません。その人の為に必要だと思えば、キツイことも平気で言えます。具体的な解決策しか言いません。

 

というように、女同士の傷の舐め合いとは「真逆」なので、それを求める人が、お金を払ってでもやって来るのです。あなたも、そのうちの一人だと思います。

→女性起業家向け集客、アイデア、成功のコツ

→【顧客実績日本一】個別コンサルの料金と詳細