女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2022年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のマーケティングコンサルタント笹野健によるブログです。

キラキラ系起業女子が激減した理由3つ

最近、立て続けに「キラキラ系起業女子って減りましたよね」という話を、個別コンサルでされました。そういえばそうかなと思い、理由を考えてみました。3つあります。

 

① コロナ禍でキラキラ系の日常をSNSに投稿しづらくなったから

どこかで誰かとランチしたり、ホテルのラウンジでお茶会をしたりといった、キラキラ系の日常は、コロナ禍では「不謹慎」と言われます。物理的にそういう場に行きづらくなったという面もあります。唯一のアイデンティティであったSNSへの投稿が封じられると、キラキラ系女子は、もうどうしようもありません。

 

② 儲からないことがバレた

キラキラ系起業女子を名乗って活動していても、大して儲からないということがバレてしまいました。「月商7桁」とか豪語していた人は、全て嘘だったということがバレてしまい、今や見る影もありません。

 

③ コミュニティの結束力が弱すぎた

コロナ前は必死に自分のコミュニティ内にフォロワーを囲い、いわば「洗脳」するような人が多かったです。が、コロナで距離が出来ると「別に、この人達と絡んでなくても大丈夫じゃね?」と冷静になる人が増えたのか、コミュニティを離れる人が続出したのだと思います。

 

というような3つの理由があるのではと推測します。コロナの影響が大きいですが、以前のようにはもう戻らないでしょう。ある意味「正常化」したとも言えます。

 

コロナ禍が収まってきて、以前のようにSNSに投稿している人を見ると「まだそんなことやってるの?」と思われます。「痛い女」にならないように、くれぐれも気をつけましょう。

→女性起業家向け集客、アイデア、成功のコツ

→個別コンサルの料金と詳細