ブログ・アメブロ集客の方法とコツを女性専門に教えるコンサルタント笹野健

1日1分読むだけで、あなたもブログから集客できるようになります。14年間で4,000名以上の女性の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破しました。

カード決済の手数料が高いと思っている自宅サロンに言いたいこと

支払い方法を当日の現金払いか振込だけにしている自宅サロンが多いです。カード決済を導入していない理由を聞くと「カード決済は手数料が高くて躊躇します」とよく言われますが、本当に高いのでしょうか?

 

例えばpaypalの場合、手数料は「3,6%+40円」です。1万円のメニューが売れたとしたら、360円+40円で手数料は400円です。

 

決済の手間を省けて、お客様もカードのポイントが溜まり、たった400円です。個人的にはものすごく安いと思うのですが、それでも高いと思うのでしょうか?

 

たった400円をケチって、1万円を売り逃すのは、もったいな気がするのですが「カード決済=手数料がバカ高い」という固定観念があるのでしょう。一度でもそう思うと、なかなか違う考えを持てない人が多いです。

 

そもそも、手数料を調べたり、計算したことすらない人が大半です。そういう人に限って、よく分からないチラシを何千枚も刷っていたり、ホームページに異常にお金をかけていたり、ホットペッパービューティーに毎月高額な広告料を払っていたりします。

 

そこにはそんなにお金をかけるのに、もっと安いカード決済の手数料はケチるという、よく分からないことになっています。コスト感覚が悪いと、いくら売れても儲かりません。

 

商売というのは、お客様がお金を支払わないと成立しません。つまり、お客様に合わせないと売れないということです。

 

手数料が高いから導入したくないというのは「あなたの都合」でしかありません。しかも、そこまで高くはありません。よく調べたり、実際に計算してみましょう。今までいかにお客様を取り逃していたか、気付いてからでは遅いのです。

→自宅サロンや自宅エステの集客方法

→【顧客実績日本一】個別コンサルの料金と詳細