女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2022年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のマーケティングコンサルタント笹野健によるブログです。

頑張れば売上が上がる商売と上がらない商売の違い

商売には2パターンあって、頑張れば頑張るほど売上が上がる商売と、どれだけ頑張っても大して変わらない商売があります。売上が上がるのは「需要が供給を上回っている場合のみ」です。

 

例えば、人気のあるパン屋さんは、頑張れば頑張るほど売上が上がります。そのお店のパンを買いたいという人(需要)が多いので、作っているパンの数(供給)を増やせば増やすほど、売上は伸びます。

 

そこで経営者は考えます。パンを作る人を増やしたり、もっと効率的にたくさん作れる機械を導入して、生産量を増やそうとするのです。

 

但し「ものは考えよう」で、あまりに一気に増やしすぎると、買いたいと思う人より(需要)もパンの数(供給)が多くなってしまい、供給過多になり、廃棄処分やロスになってしまいます。このあたりの「見極め」がとても難しいのです。

 

そのお店でしか買えないからわざわざ買いに行っていたのに、スーパーやコンビニでも買えるようになり、急に冷めてしまった経験が、あなたにもあると思います。これは、売上を追求しすぎて、商品の価値が下がるという典型例です。

 

一方で、どれだけ頑張っても、売上に影響のない商売というのもあります。実は、こちらの方が、全体としては多いです。

 

売り手が宣伝・広告しずらい商売や、お客様を待つ商売は、頑張りと売上に相関関係がありません。お客様からの用事が発生しない限り、ずっと待っているという状態が普通です。コンサルタントや税理士、病院やクリニック等を考えると、イメージしやすいと思います。

 

うちのお客様にも多い、自宅サロンや占い師、カウンセラーなんかもそのうちに入ります。にも関わらず、やたらと皆さん頑張ろうとしているのが不思議でなりません。「頑張っても売上には直結しないのにな」と、いつも思います。

 

私の商売も、頑張りには一切関係ありません。頑張ってブログをたくさん更新したところで、売上が増える訳でもありません。仕事の9割以上が「種まき」です。

 

そのことを最初から分かっているので、私は普段から遊んでばかりいます。読書をしたり、ランチをしたり、美術館に行ったり、民藝のうつわを買いに行ったりして、ずっとブラブラしています。

 

それで14年間ずっとやってこれたので、今後も大丈夫だと思います。リーマンショックも東北大震災も台風もコロナも乗り切れたので、変に自信だけはあるのです。

→女性起業家向け集客、アイデア、成功のコツ

→【顧客実績日本一】個別コンサルの料金と詳細