女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2022年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のマーケティングコンサルタント笹野健によるブログです。

社会人の勉強は、学生時代より遥かに報われやすい

学生時代は一部のドロップアウトしてしまう人を除き、ほぼ「強制的」にさせられるので、ほとんどの人が勉強します。定期的にテストもあり、入試もあります。

 

社会人になると、それがありません。業種や業界によっては資格試験や昇進試験がありますが、その他大勢の社会人は全く勉強しなくなります。

 

つまり、勉強する人の数が「急減」するということです。ということは、社会人になってから勉強すればするほど、遥かに報われやすいということです。

 

幼少期から勉強が好きで、中学や高校時代は「学年トップ」の常連だった私は、このことを本を読んで知り、ますます勉強が好きになりました。

 

周りがどんどん「脱落」したり「放棄」する中で、自分だけは絶対に学び続けようと決意し、それを習慣化しました。そのことによって何が起こったかというと、周りと全く話が合わなくなりました。

 

よく考えると当然です。ほとんどの人は勉強しないので、何年経っても、同じことばかり考えたり話しています。勉強する人間は、いつも違うことや新しいことを考えたり、知識として貪欲に吸収しています。話が合わないのは当然です。ここに違和感を感じた時が、人として「レベルアップ」した瞬間です。

 

お金の流れというのは常に「一定」です。学ばない人の元から、学ぶ人の元へ流れて行きます。図にすると、こんな感じです。

・学ばない人→学ぶ人

 

ということは、学ばない限り、永遠にお金を払う側であり、搾取される側だということです。このことに、いかに早く気付くかで、生涯収入は変わってきます。

 

私は現在、知恵やアイデアを売っています。お客様は、お金を払って、それを買っています。私の方がお客様より圧倒的に勉強しているからであり、その比率が変わらない限り、この構図は崩れません。

 

あなたがいつまでも貧しいのは、勉強しないからです。勉強しているのに稼げないのは、勉強の方向性がズレているからです。そのどちらかに気付くだけで、あなたは一気にお金持ちに近づけます。

→女性起業家向け集客、アイデア、成功のコツ

→【顧客実績日本一】個別コンサルの料金と詳細