女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2022年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のマーケティングコンサルタント笹野健によるブログです。

ネットで顔出しせずに売れるパターン

ネットで顔出しするのが、NGだという人は多いです。旦那や子供にバレたくない、友達にバレたくない、ママ友にバレたくない、職場にバレたくない。こういう事情のようです。それは分かるのですが、その割にネットで売りたいと言います。これは明らかに「矛盾」しています。

 

あなたがネットで買う時、顔が見えない人から買えますか?と聞くと、ほとんどの人が無理だと答えます。怪しい、不安だ、怖い。そんな答えが返ってきます。

 

あなたは読み手に、そんな風に思わせてるんですよ、と言うと「それもそうですね」と、ようやく納得してくれます。

 

ネットで顔出しせずに売れるものも、確かにあります。Amazonでモノを買う時は、販売者は顔出しはしていません。

 

その代わり、商品情報が詳細に載っていたり、商品自体の知名度が高かったり、大量のレビューがあったりします。顔出しをしない代わりに、それを「上回る情報」を出しています。

 

カウンセラーや占い等の相談業は、顔出しをしないと厳しいです。相談する側からすると、顔が見えない人は、怖くて仕方ありません。わざわざ顔の見えない、怪しい人に相談したいと思う人は滅多にいません。

 

 顔が見えない赤の他人だから、気兼ねなく相談できますよ、と、アピールする手段も考えられます。が、この場合は、かなりの文章力があるか、よっぽど実績がないと無理です。

 

顔が出せない、でもネットで売りたい。その時点で、売れないと思いましょう。どうしても、と言うのなら、まずはボキャブラリーを身につけるか、実績を積み上げてください。それが出来ないなら、無理にやらないことです。

→女性起業家向け集客、アイデア、成功のコツ

→【顧客実績日本一】個別コンサルの料金と詳細