ブログ・アメブロ集客おすすめの方法とコツを教えるコンサルタント笹野健

1日1分読むだけで、あなたもブログから集客できるようになります。14年間で4,000名以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破しました。

会社を辞めるタイミングは、今の仕事を一通り覚えた後がベスト

「会社を辞めるタイミングをいつにしたらいいのか迷っています」と、会社員の方に相談されました。

 

セクハラやパワハラに遭っているとか、よっぽどのことがない限り、今の仕事を一通り覚えた後にしましょう。そうすれば、それが「経験」にも「財産」にもなります。

 

会社の補助で取れる資格は取っておくとか、上司や先輩にお客様を紹介してもらうとか、会社員の「特権」を存分に活かすべきです。

 

何も出来ない段階で辞めてしまうと、単に「すぐ辞める人」という評価になり、転職の際にも不利です。会社としては、費用をかけて採用した人がすぐに辞めるのが最も痛手なので、なるべくそういう人は避けたがります。その為にも、ある程度の在籍期間(3年前後)はあった方が良いです。

 

私は会社員時代にパソコンの操作方法やインターネットの仕組み、ネットでモノを売る方法やSEO対策のやり方を覚えました。ずっといる気はさらさらありませんでしたが、給料をもらいながらスキルアップさせてもらえたので、その点に関しては感謝しています。

 

この会社で学べることは全て学んだなと思ったのと、仲の良かった先輩が辞めることになったので、私も辞めました。在籍期間は3年弱です。それ以来ずっと、個人事業主ですが、会社員時代に学んだことを活かして、今でも仕事が出来ています。

 

会社を辞めたくなると、もうそのことばかり考えてしまい、いかに円満に退職するか、どのタイミングで辞めるかばかり考えてしまいます。その気持はよく分かります。私もそうでした。

 

が、少しだけ立ち止まって、冷静に考えてみましょう。どうしたら、会社をとことん「利用」できるのか。そういう視点に立てば、また見方が変わってきますよ。

→働く女性の仕事の悩み解決策

→【顧客実績日本一】個別コンサルの料金と詳細