女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2022年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のコンサルタント笹野健によるブログです。

お客様はSNSでの繋がりなんて求めていない

「SNSでお客様と繋がりましょう!」と、アドバイスしている人が多いですが。あれ、根本的に間違っていると思います。

 

あなたが普段、お客様として利用しているお店と、SNSで繋がりたいでしょうか?SNSを通じてやり取りしたいでしょうか?ほとんどの人は「NO」だと思います。

 

情報としては見るかもしれませんが、お互いがフォローし合ったり、いいねをつけ合ったり、コメントし合ったり。面倒くさくて、いちいちやってられません。

 

そんなことより、一円でも安くしてほしいとか、送料を無料にしてほしいとか、品揃えを充実してほしいというように、「自分にメリットがあるようにしてほしい」と、お客様は常に思っています。

 

そうです。普段あなたが思っているのと同じようなことを、お客様は思っているということです。

 

私は居酒屋に行って、SNSがどうのこうの言われたら、すぐに退店して二度と行きません。Twitterやインスタグラムを、フォローしたら飲み物サービスとか、よくやっていますが。そんなこと、こちらは求めていません。ただただ静かに飲みたいのです。

 

お店としては良かれと思って、やっているかもしれませんが。全ての人がSNSをやっている訳でも、SNSで繋がろうと思っている訳でもありません。そういうのを面倒だ、関係ない、放っておいくれと煩わしく思う人も、かなりの割合でいます。

 

こうして考えると、SNSで繋がろうとするのは「お客様を遠ざける行為」とも言えます。自分がされて嫌なことは、他人にしない。幼稚園の砂場で教わった基本的なルールですが。それすら守れない人が、とても多いということです。

 

私はSNSをやって、お客様と繋がろうなんて、絶対に言いません。「ブログなんてやらなくて良いよ」と、アドバイスすることもあります。向いてないことや、必要のないことなら、やらない方がマシです。

→女性起業家向けSNS集客や活用方法のコツ

→【顧客実績日本一】個別コンサルの料金と詳細