ブログ・アメブロ集客おすすめの方法とコツを教えるコンサルタント笹野健

1日1分読むだけで、あなたもブログから集客できるようになります。14年間で4,000名以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破しました。

「人生半分損してる」と言ってくる人とは絶縁しよう

何かにつけて、自分の好きなことや価値観が受け入れられないと「人生半分損してる」とか言ってくる人間がいますが、そういう人とは絶縁するべきです。

 

私は昔から常に意見や価値観が少数派だったので、これをよく言われました。例えば、辛いものが食べれないと言えば「辛いものが食べれないなんて、人生半分損してる」とか、流行している映画を観ていないと言えば「鬼滅の刃を観ないなんて、人生半分損してる」とかです。

 

辛いものが食べれないのは「体質の問題」です。香辛料が苦手で、少しでも口にすると、周りが引くくらい大量の汗を顔中にかいてしまうのです。だから外では一切口にしないように心がけているのですが、それが理解できないようです。

 

「ちょっとピリッとするくらいだから」とか言ってきますが、程度の問題ではありません。0,01でも入っていれば、私の体は反応してしまい、汗が吹き出します。

 

だから食べないようにしているのですが、辛いものが食べれないからといって、何一つ損してるとは思いません。世の中には辛くないもので美味しいものがたくさんあるからです。それだけ食べていれば、充分幸せです。

 

どの映画を観るかは、個人が決めることです。今流行りの映画でも、昔の映画でも、ミニシアターのマニアックな映画でも、好きなものを観れば良いのです。他人がとやかく言うことではありません。

 

鬼滅の刃は確かに流行りましたが、それを観ないと処罰される訳ではありません。観たい人は観れば良いし、観たくない人は観なくても良いのです。そんな単純なことが分からない人が、いい年した大人でも一定数いるということです。

 

私は「人生半分損してる」と言われたら、その人とは、即、絶縁すると、10代の頃に決め、確実に実行してきました。それで困ったことは一度もありません。

 

むしろ、周りは「違いを認めてくれる人」だらけになりました。そうすることにより、お互いの好みを尊重しあえる、良好な人間関係を作ることに成功しました。

 

おすすめの方法なので、人間関係で悩んでいる人は、真似してみてください。

→人間関係がめんどくさい時の対処法

→【顧客実績日本一】個別コンサルの料金と詳細