女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2023年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のマーケティングコンサルタント笹野健によるブログです。

繁盛店の特徴と法則。人気メニューは1つか2つ

「繁盛店」と呼ばれるお店を観察していると気付くのが、どんな業種でも人気メニューはお店につき1つか2つだという事実です。

 

ラーメン店では、それぞれのお店に特徴があります。醤油ラーメンが人気のお店では、醤油ラーメンに注文が殺到します。味噌ラーメンが人気のお店では、味噌ラーメンに注文が殺到します。一応、他のメニューもありますが、やはり「一番人気が食べたい」と思う人が大半です。

 

スイーツ店では、モンブランが売れているお店では、ほとんどモンブランしか売れません。シュークリームが人気のお店では、シュークリームだけで一日に100個も売れたりします。「インスタで見たあのモンブランを」とか「ラビットで見たシュークリームを」というように、指名買いしに来るのです。

 

どれだけ人気があろうとも、その中で売れているのはたった1つか2つです。逆に言うと、人気メニューが1つか2つあれば、繁盛店になる可能性があります。

 

起業の相談に乗っていてよく思うのが「売れてない人ほど、あれもこれもしたがる」ということです。とにかく目の前のことを懸命にやればいいのに、現実から目をそらして、はるか遠くの将来について語ったり、途方も無い理想に酔いしれています。

 

売れるようになる人は、とにかく1つでも良いから結果を出そうとします。自分の強みや弱みを客観的に分析してもらい、どこで勝負すれば勝てるのかを明確にしようとします。それが分かれば、後はとことんやるだけなので、目標に到達するのも早いです。

 

起業してから売れるようになる為には、いかにこの1つ目の人気メニューを見つけるか、あるいは開発できるかにかかっています。そこまでの距離が短ければ短いほど、早く黒字化したり、商売として継続できる年数が伸びたりします。

 

たった1つで良いのです。が、そのたった1つさえ見つけることが出来ず、生み出すことが出来ず、多くの人が足を洗って行きます。これが商売の醍醐味といえば醍醐味ですが、そこまで考えてやってない人が多いのも、また現実です。

→起業後の集客・アイデア・成功のコツ

→個別コンサルの料金と詳細