女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2022年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のコンサルタント笹野健によるブログです。

起業の失敗の確率を下げるのに必読の一冊

世の中にある成功例は様々ですが、失敗例はだいたい似ています。ということは、失敗例を先に学んでおけば「失敗の確率」は下げれるということです。

 

成功例の方が、華やかに見えます。格好良いです。そこに憧れて、真似しようとする人が多いですが、ほぼ失敗します。理由は単純。成功例というのは、ほとんどの場合が「後付け」であり、その人独自のものだからです。

 

たまたま上手くいったことを、それっぽく書いているだけで、実は本人もよく分かっていません。但し、それを言ってしまうと、本が売れません。セミナーや講演を、誰も聞きに来ません。商売にならないのです。

 

失敗例は似ています。こういうことをすると失敗する、こういう人は失敗する。数をこなすと、そういう「共通点」が見えてきます。

 

私はこの仕事をもう14年やっているので、最初の「2分」くらいで見抜けます。売れるか売れないか。起業に向いているかどうか。人生が好転するかどうか。ほぼ100%の確率で、当てることが出来ます。

 

ラーメン屋を始めたけど、全く儲からないまま、本人の「意地」だけで、10年間やっている元プロレスラーがいます。この本を読んでみてください。失敗談がたくさん書かれていて、それを読むだけで、失敗の確率は格段に下がります。

飲食業に限らず、起業しようとしている人には「必読の書」だと思うのですが、失敗する人に限って、こういう本は読みません。だから失敗するのです。

 

失敗したくなければ、とりあえず読んでおきましょう。たった1,500円弱でそのリスクが回避出来るのであれば、安いものです。

 

【まとめ】

・成功例は多岐に渡るが失敗例はみんな似てる

・失敗例を先に見ておけば失敗の確率は下げれる

・成功例のほとんどは「後付け」に過ぎない

→起業後の集客、アイデア、成功のコツ

→個別コンサルの料金と詳細