女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2022年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のコンサルタント笹野健によるブログです。

フリーランスの友達価格の断り方

フリーランスとして仕事をしている人から「友達価格の断り方」について、よく相談されます。最適な方法は「すぐに」断ることです。そうすると揉めることも気まずくなることもありません。

 

「お友達価格で・・・」と言われたら「無理です!」と即答しましょう。気持ち良いくらいに断るのがポイントです。そうすると、もう言ってきません。

 

実際に言ってみるとよく分かりますが、これで恨まれたり憎まれることはありません。「友達価格はやってない人なんだな」と思われるだけです。

 

友達価格を求めてくる人は、あなたの力を認めていません。「真のプロ」だとは思っていないということです。プロに依頼するのであれば、お金がかかることくらい誰でも分かります。が、そうはなっていないのです。つまり、あなたのことを心の底では「舐めている」ということです。

 

そんな人に割引した価格で商品やサービスを提供しても、良いことは何一つありません。元々の期待値が低いので「可もなく不可もなし」といった評価しかされません。それなら最初から断っておいた方が健全です。

 

さらに言うと、友達価格をお願いしてくる人は「大して仲良くない人」です。友達ではありません。そんな人とは距離を取るべきです。ましてや、価格について思い悩んだりするほどの価値はありません。ストレスがかかるだけで時間の無駄です。

 

というように割り切っておくと、こういう人はもう頼んでこなくなります。あなたのことをプロだと認めて、正規の料金で依頼してくる人しか残りません。そうすることにより、ストレスが減り、商品やサービスの質も上がります。良いことづくめです。

 

【まとめ】

・友達価格は即、断ること

・友達価格を強要してくる時点で、あなたのことを認めていない

・そんな人は付き合いをやめるくらいの覚悟でちょうどいい

→起業後の集客・アイデア・成功のコツ

→個別コンサルの料金と詳細