女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2022年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のコンサルタント笹野健によるブログです。

起業して儲かる人と儲からない人の違い

起業して儲かる人と儲からない人の違いは、目的の違いです。お金が先に来ると、儲かりません。お金を後回しにすると儲かることもあります。

 

「儲けよう」と思って始めると儲かりません。「儲けは度外視して、人の役に立とう」とか「自分がどうしてもこれをやりたいからやろう」と思って始めると、ごくたまに儲かることもあります。

 

そのくらいのスタンスでいると、失敗しても挫折しません。まぁ、そんなもんだろうなと思えます。そう思えるような人の方が、成功する確率は圧倒的に高いです。

 

お金を目的にする人は、まず「金勘定」から始めます。月にいくらの売上があって、自分にはいくら入ってきて、何かを買っても貯金がいくら出来て、という計算をします。

 

まず、その通りにはなりません。お金は「出て行く一方」です。そこで心が折れて、あっと言う間に貯金が底をつき、再起不能になるのです。こんな人を今まで山のように見てきました。

 

成功する人は、そもそも儲けようという気がありません。自分がやりたいからやっているだけです。買いたいという人が現れたら「えっ!何で?」と不思議な気持ちになります。

 

私は30歳までに起業するつもりでしたが、前倒しで27歳で起業することになりました。特に何をやるかも決めず、本を読んだり、お酒を飲んだり、映画を観たり、あっちこっち「ウロウロ」していました。

 

そんな様子を好き放題にブログに書いていたら、ある洗顔石鹸メーカーの社長夫婦から「仕事を依頼したい」というメールが来ました。ビックリしました。

 

「なぜ、私にコンサルティングを依頼したのですか?」と聞くと、単刀直入に「ブログが面白かったから」と言われました。それでホームページの改修等も含めて、100万円近くの売上になりました。世の中、不思議な人もいるもんだなと思いました。

 

当時と今と、私のやっていることやスタンスは一切変わっていません。毎日、本を読んだり、お酒を飲んだり、映画を観たり、あっちこっち「ウロウロ」しています。その「合間に」ブログを書いたり、仕事をしているだけです。儲けようという気は全くありません。その結果、起業して14年も続きました。世の中、こんなもんです。

 

【まとめ】

・「儲けよう」と思って起業すると儲からない

・成功する確率が高いのは「期待値」の低い人

・肩肘張らずにゆっくりやろう

→起業後の集客・アイデア・成功のコツ

→個別コンサルの料金と詳細