女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2022年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のコンサルタント笹野健によるブログです。

商売に向いてない人の特徴3つ

起業の相談に乗っていて、この人は商売に向いてないなと直感的に思う人の特徴が3つあります。

・コミュニケーション能力が低い

・とにかく自己中心的

・異常なくらいプライドが高い

 

まず「コミュニケーション能力が低い人」ですが、普通の会話がそもそも成り立っていません。人の話を最後まで聞けない、こちらの質問にまともに答えてくれない、自分の思いだけを延々と話し続ける。こんなタイプです。

 

商売というのは、何かしらの商品やサービスを、人が人に提供する行為です。そこには必ずコミュニケーションが存在します。そこが欠けている時点で、商売以前の問題があるということです。

 

次に「とにかく自己中心的な人」ですが、起業を志す人の中にはかなり多いです。お金の計算ばかりしていたり、単なる思いつきや自分がこれが好きだからという理由だけで、商品やサービスを他人に売ろうとするタイプです。想像力が無いなと思います。

 

商売というのは、売り手と買い手に分かれます。買うか買わないか。お金を払うかどうか。決定権は買い手にあります。ということは、買い手の都合に合わせないと売れません。自己中心的な人は、常に売り手の都合で考えています。だから売れないのです。

 

最後に「異常にプライドの高い人」ですが、大手企業出身者や、自称エリートに多く、他人の話が素直に聞けなかったり、過去のやり方に固執したり、自分ならこれくらいは出来るだろうと思い込んでいるタイプです。

 

ある意味、これが一番タチが悪いかもしれません。過去の成功体験があるので、それを捨てきらないと前に進めないからです。

 

以上のような特徴を、本人はまるで「自覚」していません。それが最も残念なことです。そこに気付かない限り、売れるようにはなりません。

 

正直な話をすると、売れるようになった人の中にも、このような特徴を持っている人はたくさんいました。が、そのことを他人に指摘されて自覚し、素直にアドバイスに耳を傾けて実行に移したら、状況が改善したのです。

 

あなたもきっと、コミュニケーション能力が低く、自己中心的で、プライドの高いタイプだと思います。でも大丈夫。人は皆、そういう生き物だからです。現実を直視し、変えていけば良いのです。そう考えれば、商売なんて誰でも出来ますよ。

→起業準備中・起業したい人向けの記事

→個別コンサルの料金と詳細