女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2022年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のコンサルタント笹野健によるブログです。

売れっ子ハンドメイド作家になるにはどうすればいいのか?

うちのお客様には売れっ子のハンドメイド作家さんが多いのですが、それを見た起業を検討中の方から「どうしたら私も売れるようになりますか?」と相談されました。

 

ハンドメイドの商品というのは「良い・悪い」ではありません。「好き・嫌い」の問題です。自分の作ったものを「好きだな」とか「良いな」と思ってくれる人がたくさんいれば、売れっ子になれます。後はセンスの問題です。

 

私がハンドメイド作家の方によくするアドバイスは「とにかく良いもの、美しいもの、すてきなものをたくさん見てください」ということです。それが作品に活かされることがよくあるからです。

 

スワロフスキー作家の方は、高級なジュエリーショップに足繁く通うようになり、それ以来、作品がどんどん売れるようになりました。指輪を作っている方は、私のすすめで美術館に行く機会が増え、それに比例して注文数も増えました。絵画鑑賞を勧めた方は、百貨店から声がかかるまでになりました。

 

これから始めるのであれば、とにかく良いものたくさん見て、たくさん作り、たくさん発表することです。発表の場は、どんなSNSでも構いません。

 

写真だけならインスタグラムが良いですが、背景の色を揃えたり、写真のピントを合わせたり、BASE等で良いので、通販サイトのリンクをしっかり貼っておきましょう。

 

話すのが得意だとか、より詳しく説明したいならyoutubeという手もあります。顔出ししたくないとか、文章を書くのが得意ならブログでも良いでしょう。

 

最低限のことだけはきっちりやって、あとは売れるのを待つだけです。それで本当に売れた人がたくさんいるので、世の中捨てたもんじゃないなと思います。

 

ちなみに私は雑貨もアクセサリーもかなりの数を見ているので、ぱっと見で「売れそうかどうか」は判別できます。それだけでも見てほしいという方もいるので、売り方や見せ方を含めて相談したいという方はどうぞ。

→起業準備中・起業したい人向けの記事

→個別コンサルの料金と詳細