女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2022年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のマーケティングコンサルタント笹野健によるブログです。

個人事業主か法人かどっちがいいか迷っています

「個人事業主か法人かどっちがいいか迷っています」という相談を個別コンサルでよくされますが、ほとんどの人は個人事業主で充分です。

 

「1000万円以上」の売上が既に確定しているのであれば法人化を考えても良いですが、まだ売り上げの見込みが立っていないとか、数百万円規模であれば個人事業主で充分です。

 

法人にすると、役所に提出する書類が莫大に増えます。開業時も確定申告時も。それに年間7万円の法人住民税がかかります。これは都道府県や市町村別に額は異なりますが、黒字でも赤字でも関係なく払わないといけないので、その分、負担が増えます。

 

一方、個人事業主なら、住所のある地域の税務署に「開業届」を一枚出せば済みます。確定申告もシンプルな書類を数枚出すだけです。

 

まずは個人事業主としてスタートして、売上が増えてきた時に改めて法人化を検討する。これで良いと思います。

 

昔は法人化をステータスのように思う人が多かったですが、最近は法人をやめて個人事業主に戻ってシンプルにやる人が増えています。これも時代の流れかなと思います。

 

大丈夫。あなたが何をやろうとも、いきなり売上が増えたり、儲かったりすることはありません。個人事業主か法人かを悩む時間があるなら、どうやったらお客様に喜んでもらえるかを考えましょう。優先順位としてはそれが先です。

→起業準備中・起業したい人向けの記事

→個別コンサルの料金と詳細