女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2023年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のマーケティングコンサルタント笹野健によるブログです。

イメージコンサルタントの資格を取ったものの仕事が全くありません

「イメージコンサルタントの資格を取ったものの仕事が全くありません」と、大阪在住の40代の方から嘆くような相談をされました。

 

これはよくある話です。資格を取ったものの、その資格を活かした仕事自体に需要がないので、こういうことが起こるのです。

 

資格を発行する側は「甘いこと」しか言いません。いかにこの資格を取っている人がたくさんいるか、活躍しているか、年収はいくらかという話ばかりします。

 

取っている人が多いということは、それだけ「誰でも、すぐに、簡単に」取れる資格だということです。そんな資格にどれだけの価値があるのか?という話です。

 

活躍している人がいるとはいえ、それは「ごく一部」の話です。イメージコンサルタントとして本を出せるような人は、全体の「0,01%以下」です。今から参入して、そこまで残れる人は、どれだけいるででしょうか?

 

年収がいくらといっても、それはごく一部の人が「最も稼いだ年の収入」です。それが毎年続く訳ではありません。その資格を取った人がみんな、それだけ稼げる訳でもありません。

 

というように、客観的に見てみると、これがいかに「無理ゲー」か、よく分かると思います。資格を発行する側は、そんな「現実」は一切教えてくれません。そうすると、商売として成り立たないからです。

 

稼げるようになる人は、資格よりも、その仕事にどれだけ需要があるかを見ます。どんな資格を取ろうが、その資格を活かした仕事に需要がなければ、仕事として成立しないからです。

 

あなたに欠けているのは、こういう視点です。それさえ手に入れば、もう同じような目に遭うことはありません。

 

最悪なのは、イメージコンサルタントはダメだからといって、また別の資格を取りに行く人です。こういう人がけっこう多いのです。そういう人で稼いでる人を一度も見たことありません。

 

【まとめ】

・資格よりも、その資格を活かした仕事の需要の方が大事

・「誰でも、すぐに、簡単に」に取れる資格に価値は無い

・資格を探すより、需要のある仕事を探すこと

→起業準備中・起業初心者向けの記事

→個別コンサルの料金と詳細