女性起業家向けビジネスコンサルタント笹野健の公式ブログ

女性の起業やスモールビジネスを成功に導くプロとして、16年間で述べ6,000人以上の相談に乗ってきました。集客が楽になり、売上がアップしてお金の悩みが解決する方法を、あなたの適性や職業に合わせてアドバイスします。

40代、50代女性に多い「事務職しかやったことないのに起業したい人」問題

「起業したいんです」と相談に来る40代、50代女性に今までどんな仕事をしてきたんですか?と聞くと、かなりの確率で「事務職しかやったことありません」と返ってきます。

 

別にそれは構わないのですが、事務職の経験を活かして起業するのは、それとはまた違う問題であり、厳しいだろうなと思います。個人事業主やフリーランス向けの事務代行とかやっている人が既にかなり存在し、大して儲かっているようにも見えません。今から同じようなことを始めたところで、勝ち目はありません。

 

ここで2つに分かれます。今まで事務職しかやってこなかったから、自分には他に何も出来ないと思い込んでしまうタイプと、今まで事務職しかやってこなかったから、他に色々とチャレンジしてみたいというタイプです。

 

残念ながら、前者のような人は手に負えません。本人がそう思っている以上、行動にも移さないので、こちらが何を言っても同じです。そういう人にエネルギーを割きたくありません。

 

後者のような人なら、あれこれアドバイスできます。応援もできます。過去にやってきたことを根掘り葉掘り聞いたり、現時点で興味のあること、誰にも言ってないけど、実は密かにやってみたかったことを聞き出せば、何かしら出来そうなことが見つかるものです。

 

ここに出てくるような人の中にも、こういう人は多いです。相談に来た時点では、事務職しかやったことが無かったのに、2時間の面談が終わった頃には、まるで違う職業をやることになり、心機一転、やる気に満ち溢れている。というような人がたくさんいます。

 

「事務職しかやったことがない」という事実自体には、何の問題もありません。そこから先、どうしたいのかが問題です。狭く、閉じこもってしまうのか。視野を広げ、未知の世界に飛び込むのか。それによって、人生は大きく変わってきます。

→起業準備中・起業初心者向けの記事

→個別コンサルの料金と詳細