女性起業塾や起業コンサルは怪しい、やばい、辞めたいと思っている人へ

女性起業塾や女性起業セミナーに通って失敗したなという人、ママ起業コンサルの相場を知りたい人、キラキラ起業女子は気持ち悪いけど末路が気になるという人に対して「どうすれば売れるようになるのか」を淡々と書いたブログです。

やる気が出ない仕事よりもやる気が不要な仕事をした方が成果は出やすい

「仕事のやる気が出ないんです」と品川にある会社にお勤めだという方に相談されました。「だから起業を考えているんですけど、どんな仕事がいいですかね?」と聞かれたので、やる気がいらない仕事をすると良いですよ、と答えました。

 

なぜ、やる気が必要かというと、やりたくもないことをやっているからです。日本人の「99%」はやりたくもない仕事を、やりたくもない相手と、行きたくもない場所でやっています。ほとんどの人が、毎日不満ばかり漏らしているのは、このせいです。だから「よいしょ」という気合がないと、ノルマが達成できなかったり、会社まで辿り着けないのです。

 

人は、自分の好きなことには、やる気を必要としません。放っておいても自然とやれるようになるし、気付いたらそこまで行っています。そういうことが仕事にできたらベストです。

 

例えば「推し活」にはやる気がいりません。自分が好きな人のためなら、朝早く起きれるし、身銭を切ってイベントにも参加できます。ここにはやる気という「概念」がありません。

 

年間で何本もライブを観に行くような大好きなアーティストが、あなたにいたとします。グッズを買ったり、地方まで遠征したりと、そこにかかる「労力」は莫大なものですが、全く苦にならないはずです。なぜなら「好きでやっているから」です。これを仕事に当てはめてみましょう。

 

人に強制されるのではなく、時間が空いたら、ついついやってしまうようなことが何か無いでしょうか?それが、あなたの好きなことです。その分野を徹底的に調べたり深堀りしたら、何かしらの「仕事」にならないでしょうか?そういうことから考えていくと、起業は楽しくなります。

 

この相談者は「絵を描くのが好き」ということだったので「好きなだけ描いて、それをネット上にどんどんアップしたら良いですよ」とアドバイスしました。うちのお客様にはこういう人が多く、インスタグラムで作品を発表し、それがすぐに売れるようになった人もいます。

 

やる気なんて、出ないのが「普通」です。無理に出そうとしても、すぐに息切れするので、長続きしません。やがて枯れ果て、心身共に疲れてしまうのがオチです。

 

それなら最初からやる気なんて不要なことをやった方が、効率が良いし、成果も出やすいです。そういう風に発想を転換すると、また新たな道が見えてきます。

 

ちなみに私は、起業してから一度もやる気を出したことはありません。やる気が必要な仕事なら、そもそもやってません。お客様と会って二時間喋るのは「レジャー」だと思っています。こういう仕事の方が、結局は長く続くのです。

→起業準備中・起業したい人向けの記事

→個別コンサルの料金と詳細