怪しい起業コンサルタントや起業塾、女性起業セミナーに不信感を抱いている人へ

女性の起業を成功に導くプロとして、15年間で述べ5,000人以上の相談に乗ってきました。集客が楽になり、売上がアップしてお金の悩みが解決する方法を、あなたの適性や職業に合わせてアドバイスします。

起業後の集客、アイデア、成功のコツ

仕事に役立たない本の方が、実は役に立つ

本を読む際に、おすすめやランキングばかり気にしている人に向けて書いた記事です。できるだけ仕事に役立たない本を読んだ方が、他人はあなたに興味を持ちます。

女性起業家が集客に苦戦するたった一つの理由

起業したものの集客に苦戦したり集客方法が分からないという相談はとても多いです。その対処法について書きました。

ペルソナ設定で失敗する原因と対処法

「起業塾でペルソナ設定が大事だと教わり、その通りにやってみたのですが、売上が伸びません」と、意識高い系の人に相談されました。 ペルソナ設定とは、ターゲットを個人にまで絞り込み、その人に向けてPRしたり、販売方法を考えるという、マーケティング手…

相談しても成果の出ないコンサルタントの見極め方

「高いお金を払ってコンサルタントに相談したんですけど、全く成果が出ません」という人が、年間で100人以上は私の元へ来ます。話を聞いていると、だいたい同じパターンです。以下の項目が当てはまったら、そのコンサルタントは「大したことないな」と思いま…

令和の時代に生き残るフリーランスのタイプ3つ

令和の時代に生き残るフリーランスは、次の3つのタイプです。 抜群に優秀な人 独自のポジションを築いている人 変な人 まず、抜群に優秀な人ですが、これは分かりやすいと思います。人は誰しも、優秀な人に仕事を頼みたいものです。「あの人に任せておけば間…

あなたにとって一番の顧客とはどんな人か?

「あなたにとって一番の顧客とはどんな人だと思いますか?」という質問をしても、答えられる人はほとんどいません。口では「売れたい」と言いながら、そこまで考えていないということです。 少し質問を変えてみます。「あなたの商品を抵抗なく買ってくれるの…

売れる人は変化に強く、売れない人は過去のやり方に固執する

売れる人と売れない人の最大の違いは「変化に強いかどうか」です。売れる人は変化を受け入れ、楽しみます。売れない人は変化を拒み、いつまでも過去のやり方に固執します。こうして、両者の差はどんどん開いていくのです。 売れる人を見ていると、とても素直…

独自のブランドを構築している人ほどセルフブランディングとか興味ない件

「色んなコンサルタントのブログを読んでみたのですが、笹野さんは独自のブランドというかポジションを構築している気がします。そこに至るまでに、どんなことを意識したのですか?」と客観的な分析と鋭い質問を、某国立大卒の高学歴のお客様にされました。 …

個人がネットで集客するコツは、第一印象で「驚愕」させること

個人事業主やフリーランスがネットで集客するのに必要なことは、読み手に初めて見つけてもらった時に「この人は凄い!」とか「知りたいことが全部書かれてる!」と思わせることです。このチャンスを逃すと、二度と見てもらえません。 これだけ情報が溢れてい…

ビジネスは「大分類・中分類・小分類」で考えればうまくいく

ビジネスは「大分類・中分類・小分類」で考えればうまくいきます。現時点でうまくいってない人は、まずはここから始めましょう。ブログで例えると、以下のようになります。 大分類→ブログタイトル 中分類→記事タイトル 小分類→本文 あなたのブログは、大分類…

自分の仕事を「20秒以内」で説明できる人は売れる

自分の仕事を20秒以内で説明できる人は売れるようになります。自己紹介の例文やテンプレートを作る際には、これを意識しておけば、面接やビジネスにも活かせます。

M-1のさや香と令和ロマンに学んだ、高学歴と地頭の良さの違い

M-1グランプリを毎年楽しみに見ているのですが、今年は高学歴な人材が目立ちました。偏差値「73」といわれる高津高校出身のさや香・新山さんと慶應義塾大学出身の令和ロマンの二人です。両者の「戦略」が明らかに違い、そこが興味深かったです。 さや香は去…

有名女性コンサルタントのコミュニティに疲れました

有名女性コンサルタントに憧れ、直接会うことになったら、やたらとコミュニティに参加することばかり求められ、ほとほと疲れた人の実体験を基に書いた記事です。起業女子は必見ですよ。

フォロワーもアクセスもいいねも気にせずネットから集客する方法

私は2008年の秋からずっとブログを書き続けています。X(旧Twitter)やFacebookをやっていた時期もありましたが、継続しているのはブログだけです。が、フォロワーもアクセスもいいねも気にしたことがありません。それでも15年間この仕事をやってこれました。…

社会人にとって読書のメリットとデメリットとは?

読書はしないほうがいいとか、やめとけと言う人もいますが、メリットしかないと個人的には思います。13年間で4589冊読んできた実体験から言うと、世の中で起こることの99%は、本に既に書いてあります。

ワタナベ薫さんの手帳を毎年買っているのですが、人生が好転しません

ワタナベ薫手帳2024の中身が気になっている人も多いと思いますが、毎年ほぼ同じです。ブログを読んでおけばそれで事足りるので、わざわざ買う必要はありません。

自信がなくて仕事のできない低レベルな人間ほど服装が派手でカタカナや専門用語を連呼する

レベルの低い人、自信のない人、仕事のできない人、能力の低い人、コンプレックスの強い人ほど服装が派手でカタカナや専門用語を連呼する傾向にあります。その見抜き方と対処法について書きました。

伝え方が下手な人におすすめの改善法

「言いたいことがなかなか思うように言葉にできなかったり、こちらの意図が伝わらないことが多いのですが、どうすればいいでしょうか?」と人気コンサルタント養成講座の受講生から相談されました。 相手に「伝えよう」と思うから、伝わらないのです。「この…

荷物が多い人の運気が下がる理由

荷物の多い人は、ますます荷物が多くなります。一つ増えたら、必ずもう一つ増えます。気付いたら、もう一つ増えてます。手は二つしかないのに、二つも三つも荷物を持っています。 これだけスマホで何でも出来る時代に、荷物が増えるというのは、明らかに「矛…

師匠と弟子の関係から独立してやっていける人の条件とは?

師匠と弟子の関係から独立してやっていける人の条件は、いかに「師匠とは違う個性が出せるかどうか」です。師匠のモノマネに過ぎないなら、それは独立とは言いません。同じお店が一つ増えただけです。それは単なる「フランチャイズ」です。 民藝にハマってか…

フリーランスが「友達価格でやってよ」と言われた時の断り方

友達価格の断り方はシンプルです。友達価格を共用されたら、即、断ることです。そうするともうそれ以上は言ってきません。友達価格がうざいと思っている人は是非試してみてください。

米軍推奨のアンガーマネジメントのやり方と呼吸をコントロールする方法

米軍が推奨しているアンガーマネジメントのやり方と呼吸のコントロール方法について紹介します。感情はコントロール出来ないが、呼吸ならコントロール出来るというのが、彼らの理屈です。

人気落語家の共通点は「抜群の実力」と「人としての可愛げ」があること

プロフィールに書いてあるように、落語ばっかり聴いているのですが、人気のある落語家を観察・分析してみると、2つの要素があることに気付きました。 抜群の実力 人としての可愛げ 落語家は東西合わせて約1,000人いると言われます。その中で、チケットが「即…

価格交渉や値引き交渉の上手な断り方

「たまに値引き交渉をしてくる人がいて、正直うざいなと思っています。どのように対処すればいいですか?」と通販でバスソルトを売っているという方に相談されました。 値引きを要求してくる時点で、相手はあなたのことも商品のことも認めていません。そんな…

他人の成功体験より「あなただけの成功パターン」を見つけよう

本屋さんに行くと、色んな自己啓発本が置いてあり、そこには色んな人の成功体験が書かれてあります。それを鵜呑みにして実行に移してみても、なかなか成功できないという人が多いです。特に真面目でやる気のある人に、こういう傾向が強い気がします。俗に言…

勉強する人は謙虚になり、勉強しない人は横柄で傲慢になる

勉強する人と勉強しない人の最大の違いは、謙虚になるか傲慢になるかです。勉強すればするほど謙虚になり、勉強しなくなると、人はますます横柄で傲慢になります。

すぐに結果を求める人ほど、なかなか結果が出ない法則

「起業してすぐに売れるようになりたいです」とか「とにかく早くお金になるようなことをしたいんです」と言う人がたまにいますが、こういう人ほどなかなか結果が出ないということを、私は経験則として知っています。 どんな商売でもそうですが、発売してすぐ…

私がメインターゲットにしているのは「奢ってくれる人」

「笹野さんはどんな人をメインターゲットにしているんですか?」とこれから起業したいという建設会社勤務の方に質問されました。率直に言うと「奢ってくれる人」です。こういう人にいかに買ってもらうかを、常に考えています。 うちのお客様の特徴は、何度も…

女同士の傷の舐め合いでは永遠に問題は解決しない

女同士の傷の舐め合いは気持ち悪い、嫌いという人がよく相談にやってきますが、なぜそう思うのか、客観的に書いてみました。対処法も載せています。

「良い商品なのに売れない」と思っている人に言いたいこと

「自分では良い商品だと思っているんですけど、なかなか売れないんです」という人は多いですが、そういう人に限って、宣伝やPRの方法が悪いと思い込み、SNS集客に力を入れようとします。が、そもそも「大した商品ではない」という事実に気づかない限り、いつ…