女性起業塾や起業コンサルは怪しい、やばい、辞めたいと思っている人へ

女性起業塾や女性起業セミナーに通って失敗したなという人、ママ起業コンサルの相場を知りたい人、キラキラ起業女子は気持ち悪いけど末路が気になるという人に対して「どうすれば売れるようになるのか」を淡々と書いたブログです。

なぜ女性向けの自己啓発本はみんな似ているのか?

「女性向けの自己啓発本をたくさん読んでみたのですが、どれもこれも書いてあることが同じで、あまり参考になりませんでした」という鋭い意見をお持ちの方が、個別コンサルに来てくれました。

 

「そうなんだ」と思い、私も何冊か読んでみました。確かに、どれもこれも同じようなことばかり書いてありました。頻繁に見たフレーズは以下の通りです。

  • 好きなことや自分の望みを紙に書き出そう
  • 欲しい物や望みは思いっきり贅沢に
  • ワクワクするだけで願いはあっさり叶う
  • 頑張らなくていいよ
  • 共感しよう
  • 自分を大事にしよう
  • ミラクルは簡単に起こる
  • 仲間を大切に

こうやって列挙してみるとよく分かると思いますが、具体的なことは何も言っておらず、全て「気の持ちよう」に過ぎません。これではただの精神論や感情論です。

 

もう少し具体的なことを書いている本もありましたが、似たようなことが大半でした。

  • SNSで自分をアピールしよう
  • ブログには読者が読みたいことを書こう
  • メルマガやLINE公式に誘導しよう
  • ファンを増やそう
  • 自分から「GIVE(与える)」することが大事
  • 名刺には思いっきりこだわろう
  • まずは無料や低料金で「お試し」してもらおう
  • 同業者との違いをはっきりさせよう

こんなこと、改めて本に書くほどのことではありません。やれることは既にみんなやっているし、それでも結果が出ないから困っているのです。初歩の初歩といえばそうかもしれませんが、これらをやり続けたとして、売れるようになる人がいるとは思えません。

 

その証拠に、こういう本の著者のサイトやブログを見てみると、肝心の実績がほとんど書いてありません。あっても「数人程度」で、これなら友達に依頼して名前だけ貸してもらえば、嘘でも書けてしまいます。

 

それともし本当にこの人たちが有能なら、世の中に「売れっ子起業女子」が溢れているはずですが、現実はそうはなっていません。それが何よりの「証拠」ではないでしょうか。

 

女性向けの自己啓発本の著者は、たまたまラッキーだっただけで、なぜ自分がそうなれたか分かっていなかったり、言語化できない人が大半です。出版社にはこんな本を出したら売れるという「データ」があるので、それに沿って、同じようなことを書いているだけです。

 

自分の願いを紙に書いてワクワクするだけで叶ったら、誰も困りません。冷静に客観的に読めば、おかしいということは分かりますが、そうは思わない「単純で流されやすい人」を集めるために、わざと抽象的なことばかり書いているのだと思います。

 

やっていることは「振り込め詐欺のメール」と同じです。あるいは「宗教の勧誘」とも似ています。著者のビジネスにとっては有益かもしれませんが、それを鵜呑みにして騙され続けている人があまりにも多いのは、正直どうかと思います。

 

というようなことを書くと、同じように思っている人が「そうだ、そうだ」と私の元にやってきます。多い時で、年間100人は超えます。きっとあなたも、そのうちの一人だと思います。

→起業準備中・起業したい人向けの記事

→個別コンサルの料金と詳細