怪しい起業コンサルタントや起業塾、女性起業セミナーに不信感を抱いている人へ

女性起業家を支援するコンサルタントとして15年間やってきた笹野健のブログです。起業するなら失敗したくない人、起業したけど仕事がない人、今よりもっと売れるようになりたいという人の相談に乗っています。相談したらどうなるのか?「お客様の実績」を他の方と比べてみてください。その答えが分かるはずです。

女性がブスに見える時、知的に見える時、かわいく見える時

今から大事な話をします。女性が最もブスに見える瞬間は「スマホを凝視してる時」です。眉間にシワが寄り、口がへの字に曲がり、口角が下がっています。この顔になると、どんな美人でもブスに見えます。

 

駅や電車の中で女性を観察していると、100人中99人が、こんな顔になっています。本人は気付いていませんが、他人からはよく見えます。これではいくらメイクを頑張っても台無しです。日々「ブスの筋トレ」をして、それを公衆の面前で晒しているようなものだからです。

 

女性が最も知的に見える瞬間は「静かに読書を楽しんでいる時」です。富裕層の多いエリアの電車に乗ると、読書率が急激にアップします。何を読んでいるかは関係ありません。活字を楽しむという行為が、女性を知的に、美しくするのです。

 

女性が一番かわいく見える瞬間は「嬉しそうに笑っている時」です。キリッとした顔をした美人が、急に柔らかい表情になると、男はドキッとします。普段は気を張っているけど、本当はそういうところもあるのね、とワクワクします。

 

人は、楽しそうな人が好きな生き物ですが、これは性別に関係ありません。男でも女でも、嬉しそうに笑っている人は魅力的に映るので、自然と人が集まってきます。

 

以上を踏まえて、あなたの表情を思い出してみましょう。家でも外でも、スマホばかり見ていませんか?ということは、上にも書いたように、日々「ブスの筋トレ」をしているようなもので、それを大勢の人に見られているということです。女性誌の「モテ特集」を読んでも、婚活を頑張っても、一向に報われないのは、これが原因です。

 

要するに、スマホを見る頻度を減らし、読書をする習慣を身に付け、とにかく楽しそうに微笑んでおけば、放っておいてもモテるのですが、そんな簡単なことに気付かず、見当違いの無駄な努力ばかりしているのが、現代の女性だということです。

 

メイクのレベルは上がりましたが、美人の比率は増えていません。恋愛コンサルタントや結婚相談所、婚活アプリが激増しましたが、彼氏がいない人の率も未婚率も上がる一方です。これは、女性自身が、自分が普段どんな表情をして、どう見られているのかを把握していないからです。

→恋バナや恋愛話に見せかけたビジネス論

→個別コンサルの料金と詳細