女性起業塾や起業コンサルは怪しい、やばい、辞めたいと思っている人へ

女性起業塾や女性起業セミナーに通って失敗したなという人、ママ起業コンサルの相場を知りたい人、キラキラ起業女子は気持ち悪いけど末路が気になるという人に対して「どうすれば売れるようになるのか」を淡々と書いたブログです。

起業は一回目より二回目、二回目より三回目の方が成功しやすい

最近よく思うのが「一回目の起業で絶対に成功したい!」と強く思っている人が、とても多いということです。そんな都合の良いこと、滅多にないのになと思うのですが、顔に出さず黙って聞いています。

 

よく考えてみてください。一回目で成功するということは、百発百中ならぬ「一発一中」です。ダーツを一度投げて、それがど真ん中に突き刺さるということです。

 

野球でいうと「打率10割」です。あのイチローや大谷翔平でもせいぜい3割なのに、その3倍以上の実力と実績と運を、あなたは持っているのですか?と聞いてみたくなります。

 

個人事業主やフリーランス、飲食店の店主の話を聞いていると、何度も失敗しています。それにめげることなく、何度も立ち上がり、遂には今の地位まで上り詰めた。そういう人が大半です。

 

人は、失敗したら学びます。次にやる時は「それはやめておこう」とか「避けて通ろう」とします。これが「学習」です。一回目は何も分かりません。どこをどう歩めばどうなるのか。未知の世界です。だから失敗する確率が高くなるのです。

 

二回目であれば、一回目と同じ失敗は避けれます。同じ分野で起業したとしても、前回の失敗が活かせます。無駄な出費を避けるとか、自分であれもこれもやらず、外注できる部分は他人に任せるとか、そういう「判断」ができます。

 

三回目になると、もはや「失敗のプロ」です。過去の失敗が蓄積されているので、ノウハウがあります。中には、それを他人に教えるということで、生計を立てている人すらいます。それはそれで、一つのやり方です。

 

一回目の起業で成功するには、よっぽどの実力と、奇跡的な縁と、抜群の運が必要です。それを全て持っているという自信がある人なら構いませんが、そうでないなら、一回目に「全フリ」しないことです。

 

もう少し長い目で見て、二回目、三回目にも挑戦できるような「余力」を残しておいた方が、人生トータルで考えると、成功の確率は高まります。

 

という話をしても「とにかく、一回目で、億万長者に!」みたいな人が後を絶ちません。そりゃ、失敗するわなと思います。

→起業準備中・起業したい人向けの記事

→個別コンサルの料金と詳細