怪しい起業コンサルタントや起業塾、女性起業セミナーに不信感を抱いている人へ

起業するなら失敗したくない、起業したけど仕事がない、今よりもっと売れるようになりたいという女性の相談に乗り続けて15年。述べ5,000人以上の悩みを解決してきました。集客が楽になり、売上がアップする方法をあなたにアドバイスします。

M-1のさや香と令和ロマンに学んだ、高学歴と地頭の良さの違い

M-1グランプリを毎年楽しみに見ているのですが、今年は高学歴な人材が目立ちました。偏差値「73」といわれる高津高校出身のさや香・新山さんと慶應義塾大学出身の令和ロマンの二人です。両者の「戦略」が明らかに違い、そこが興味深かったです。

 

さや香は去年を思わせるような圧巻の出来で、一本目をトップ通過します。二本目も同じようなネタでやれば、優勝できたはずです。が、そうはなりませんでした。ネタのチョイスを間違えたからです。

 

審査員の山田邦子さんが「全然面白くなかった」と評した「見せ算」という難解なネタを選び、これでドンズべりしました。複雑なことを複雑なまま話しても、ほとんどの人は理解できません。面白いかどうかという前に「よく分からない」と思われてしまいます。

 

後の配信でも言っていましたが、これをやることを2023年1月には決めていたとのこと。そこまでしてやりたいネタなので、本人は満足しているかもしれませんが、賞レースの戦い方としては疑問が残ります。

 

一方、令和ロマンは実にクレバーというか、戦略的だなと感じました。複数のネタを用意しておき、当日引かれるくじの順番によって、どのネタをやるかを決めるように準備していたそうです。

 

他のコンビは自信のあるネタを2本用意して、当日に挑んでいます。それ以上に用意していたのは令和ロマンだけでした。この時点で、差がついています。

 

M-1は年に一度なので、準備期間としては「一年間」あります。その間にどれだけのことができるか。結局は、この差が結果に繋がったのだと思います。

 

さや香の新山さんは、確かに高学歴ですが、地頭はあまり良くないのかなと感じました。以前、千鳥のノブさんが「こいつ、マジで馬鹿だから」と言っていたのを覚えているのですが、こういうところなのかなという気がします。

 

令和ロマンの二人は、学歴だけでなく、地頭も良いなと思いました。自分たちが売れるための「起爆剤」としてM-1優勝があり、それを達成するために何をしたら良いのかを、冷静に客観的に検討した結果、ネタを複数用意し、柔軟に対応できるようにしたのです。

 

玉石混交といわれる芸能界で生き残るには、運や実力はもちろんのこと、明確な「戦略」が必要になってきます。それをどこまで本気になって考えることができるか。そこが売れるか・売れないかの別れ目であり、生き残るか・消えていくかの別れ目です。

 

単純にお笑いコンテンツとして楽しむのも良いですが、ビジネスの参考として見ると、M-1はより楽しめます。よかったら参考にしてください。

→起業後の集客・アイデア・成功のコツ

→個別コンサルの料金と詳細