女性起業塾や起業コンサルは怪しい、やばい、辞めたいと思っている人へ

女性起業塾や女性起業セミナーに通って失敗したなという人、ママ起業コンサルの相場を知りたい人、キラキラ起業女子は気持ち悪いけど末路が気になるという人に対して「どうすれば売れるようになるのか」を淡々と書いたブログです。

1万円の商品を30人に売るのと、30万円の商品を1人に売るのはどちらが難しいか?

「起業の本に"1万円の商品を30人に売ったら、それだけで月収30万円です"と書いてあったのですが、本当にそんなこと可能なのでしょうか?」と、なかなか鋭い観点の質問を、目ヂカラの強い色白美人にされました。まぁ、無理でしょうね、と答えました。

 

商売というのは大きく分けると、2つの考え方があります。

  • 安い商品を大勢の人に買ってもらう
  • 高い商品を少数の人に買ってもらう

どちらを選ぶかは、商品の特性、売っている人やお店の知名度・ブランド力・マーケティング力で変わってきますが、それよりもっと「手前の段階」で考えないといけないことがあります。

 

これだけ競争が激化していて、人々の価値観が多様化している現代で「月に30人に売るのは相当難しいよ」ということです。1万円もするものを、30人にコンスタントに売れる人は、この世に多くありません。もし「無料」だとしても、30人が「欲しい」と思う商品を作り出すのは至難の業です。そう考えると、そもそも「大勢の人に買ってもらう」という発想自体が、現代では「無理ゲー」なのです。

 

一方、1人くらいなら、買ってくれる人がいるかもしれません。それが30万円もする商品でも、その1人が「どうしても欲しい!」と思うものなら、喜んで払ってくれるでしょう。方向性としては、こちらの方が勝ちやすいです。

 

「ヒット商品番付」を見たら分かるように、もはや全ての人が欲しがる商品というものは存在しません。みんな既に持っています。満たされています。価値観もバラバラです。ごく一部の人が「喉から手が出るほど欲しい」と思うようなマニアックな商品であればあるほど売れるのが、令和という時代なのです。

 

"1万円の商品を30人に売ったら、それだけで月収30万円です"というのは、単なる計算上の話です。そんなことを言っている人も、月に30人も売れていません。

 

あなたがやるべきことは、大勢の人に売ることではなく、少数が求める商品を考えることです。その方がよっぽど簡単で楽です。起業して売れるようになった人は、みんなこのやり方です。否、正確に言うと、このやり方しか、生き残る方法はありません。これが「起業のリアル」です。

→起業準備中・起業したい人向けの記事

→個別コンサルの料金と詳細