女性起業塾や女性起業セミナーは怪しい、やばい、辞めたいと思っている人へ

女性起業塾や女性起業セミナーに通って失敗したなという人、ママ起業コンサルの相場を知りたい人、キラキラ起業女子は気持ち悪いけど末路が気になるという人にとっては参考になるブログです。

【ブログに最適な文字数は無い】SEO上位表示30本の実例で解説

「ブログに最適な文字数はどのくらいですか?」と、個別コンサルでよく質問されますが、最適な文字数はありません。何文字でも良いです。

 

面白い記事なら、文字数が多くても読んでもらえます。つまらない記事なら、文字数が少なくても長く感じます。ブログとは、そういうものです。

 

SEO(検索)対策として「800文字以上は書きましょう」とか「3,000〜5,000文字は必須」だと教えている人は多いです。素人が800文字書くのはツラいです。3,000〜5,000文字なんて地獄です。観察力も文章力も無くて、ボキャブラリーの乏しい人には、もはや「苦行」だと思います。

 

私はそんなこと言いません。「何文字でも良いよ」とアドバイスしています。実際に私のブログでは、800文字以上の記事もあれば、400文字くらいの記事もあります。少ない記事では、100文字くらいの時もあります。それでもアクセスは取れているし、毎日、個別コンサルの依頼が来ます。

 

私のブログ記事で、Googleに上位表示されている記事が、現段階で30本ほどありますが、一番短い記事で「296文字」、一番長い記事で「1,291文字」でした。このくらい「幅」があるということです。

→Google検索で上位表示される記事の文字数とSEOとの関係性

 

その記事の内容として、必要であれば長く書きますが、必要なければ削ります。短い方が、読み手の時間を奪わなくて済み、他の記事も読んでもらえるからです。

 

ちなみに、長く書く方が楽です。短く書く方が難しいです。スピーチで考えると分かりやすいと思います。自分の言いたいことを、15秒で説明してくれと言われたら、ほとんどの人は出来ません。15分かけても良いよと言われたら、みんな話せます。

 

但し、聞き手の集中力は、そこまで保ちません。そのことを意識しておかないと、話の長い人だと認識され、人とお金が離れていきます。 

 

短く書くには、何を言うかより「何を言わないか」を先に決めておくことです。ほとんどの人は、言わなくて良いことを、ダラダラと書いています。だから長くなるのです。

→無料で出来るSEO対策のやり方

→個別コンサルの料金と詳細