怪しい起業コンサルタントや起業塾、女性起業セミナーに不信感を抱いている人へ

女性の起業を成功に導くプロとして、15年間で述べ5,000人以上の相談に乗ってきました。集客が楽になり、売上がアップしてお金の悩みが解決する方法を、あなたの適性や職業に合わせてアドバイスします。

ネイルサロン開業の失敗を避けるコツ

ネイルサロンを開業しようと思っているのですが、失敗したくありません。何かコツはありますか?」と40代の主婦の方に相談されました。シンプルに言うと「ライバルの少ないエリアに出店する」ことです。それだけで失敗の確率はグッと下げれます。

 
東京や大阪、名古屋といった大都市圏はほぼ「飽和状態」なので、そういうエリアにはライバルが多すぎます。有名店や固定客が付いているネイルサロンも多く、なかなか太刀打ちできません。商業施設の中にも安く出来るところが多数あり、今から始めても厳しい状況です。
 
いっそのこと、住宅街の方が繁盛する場合もあります。うちのお客様で、茨城県のひたちなか市の住宅街にネイルサロンを開業し、コロナ禍でも予約が継続的に入っているところがあります。
 
爪というのは放っていても必ず伸びるので、定期的にメンテナンスが必要になります。都心部ならサロンの数も多く、自宅で出来るネイルグッズも100均等で容易に手に入りますが、地方はそうではありません。
 
家の近くにおしゃれで雰囲気が良くて腕が良いという評判のサロンがあれば、一度行ってみようかなという人もいるでしょう。一度行ってみて良かったら、また行ってみようかなとなるでしょう。そういうことの積み重ねで、商売というのは続いていきます。
 
幸運にも、この相談者は地方在住の方なので、チャンスがあるなと思いました。検索してみても、良さげなネイルサロンが近くにはなかったので、コツコツと爪のデザインを発表し続けたり、サロン内部の情報を発信していけば、上手くいくかもしれません。
 
「時間はかかるかもしれませんが、一緒にやっていきましょう」と励ましておきました。後は、本人がどれだけ継続してやれるかどうかです。