怪しい起業コンサルタントや起業塾、女性起業セミナーに不信感を抱いている人へ

起業するなら失敗したくない、起業したけど仕事がない、今よりもっと売れるようになりたいという女性の相談に乗り続けて15年。述べ5,000人以上の悩みを解決してきました。集客が楽になり、売上がアップする方法をあなたにアドバイスします。

令和の時代に生き残るフリーランスのタイプ3つ

令和の時代に生き残るフリーランスは、次の3つのタイプです。

  • 抜群に優秀な人
  • 独自のポジションを築いている人
  • 変な人

まず、抜群に優秀な人ですが、これは分かりやすいと思います。人は誰しも、優秀な人に仕事を頼みたいものです。「あの人に任せておけば間違いない」と思われれば、仕事に困りません。抜群に優秀な人ほど、納期をきっちり守り、お金にうるさくなく、コミュニケーション能力も高いです。だからこそ、仕事が殺到するのです。

 

次に、独自のポジションを築いている人ですが、一定の支持者がいるので、これまた仕事に困りません。「みんなはこう言っているけど、あの人ならどんな意見を持っているだろう?」と思われたら、勝ちです。その他大勢がやらなさそうなことをやる勇気さえあれば、ポジションを築くことは可能です。

 

最後に、変な人ですが、こういうタイプも人気があります。人は、変な人が好きです。自分はまともだと思っている人が大半なので、変な人に興味があるからです。変な人の凄いところは、本人は「変な人だと思っていない」ことです。自覚はありませんが、周りからはそう認識されているので「隠れ人気」があるということです。

 

個人事業主やフリーランスの10年後生存率は「10%以下」と言われています。10人いたら、1人しか生き残れないということです。厳しい現実ですが、そこから目を背けたら、前には進めません。

 

消えていった9人は、真面目でやる気のある人がほとんどです。が、売れませんでした。なぜかというと、抜群に優秀な訳でもなく、独自のポジションを築けず、平凡な人だと思われていたからです。

 

生き残りたいなら、まずは「業界研究」から始めましょう。あなたの仕事の分野にはどんな人がいて、どんなことをやっていて、どんな情報発信をしているのかを、とことん研究し尽くすのです。

 

その真似をしても勝てません。「真逆」の立ち位置を取ると、ライバルが激減するので、楽に勝てるようになります。気付いたら、独自のポジションを獲得し、仕事のスキルも上がっています。業界内では「変わった人」だと思われます。

 

ちなみに私は、起業して15年が経過し、もうすぐ16年目に入ります。業界と世間の動向をつぶさにチェックし、常に「逆張り」してきた結果です。

→起業後の集客、アイデア、成功のコツ

→個別コンサルの料金と詳細