怪しい起業コンサルタントや起業塾、女性起業セミナーに不信感を抱いている人へ

起業するなら失敗したくない、起業したけど仕事がない、今よりもっと売れるようになりたいという女性の相談に乗り続けて15年。述べ5,000人以上の悩みを解決してきました。集客が楽になり、売上がアップする方法をあなたにアドバイスします。

売れる人は変化に強く、売れない人は過去のやり方に固執する

売れる人と売れない人の最大の違いは「変化に強いかどうか」です。売れる人は変化を受け入れ、楽しみます。売れない人は変化を拒み、いつまでも過去のやり方に固執します。こうして、両者の差はどんどん開いていくのです。

 

売れる人を見ていると、とても素直です。「今までのやり方では結果が出ないのだから、プロに一度見てもらい、率直な意見を聞こう」というスタンスです。言われたことは、とりあえずやってみます。すると、結果にも変化が起こります。

 

売れない人は、今までと違うやり方を提案されると、まずは「拒否」します。これまで自分が信じ込んでいたものを捨て切れません。口癖は「でも、どうせ、だって」です。運の悪い人ほどこの傾向にあり、いつまでも過去に執着しています。だから結果に変化が起こらないのです。

 

間違ったやり方を継続すれば、時間が経てば経つほど「間違いが広がる」だけです。小学生でも分かるようなこの理屈が、売れない人には理解できません。根本的に頭が悪いのでしょう。

 

政治家や経済団体の代表・幹部を見ていると、よく分かります。「老害」と呼ばれる連中は、変化にとことん弱いです。「古き良き昭和の時代」に固執し、現代の変化に対応できていません。70代、80代が権力を握ってきた結果、日本は貧しくなりました。GDPも個人の可処分所得も下がる一方です。

 

年齢は20代や30代でも、老害と変わらない人がいます。頭が固いのです。今までのやり方にこだわり、変化を受け入れることができない人が、若者でも増えているのです。

 

ダーウィンの進化論にもある通り、生き残ったのは「変化した生き物だけ」です。これだけ移り変わりの激しい時代に、変化に対応できないのは「致命的」といえるでしょう。人の話を聞いても素直に受け入れられない人は、そのくらい「危険」だということです。

→起業後の集客、アイデア、成功のコツ

→個別コンサルの料金と詳細