女性起業塾や女性起業セミナーは怪しい、やばい、辞めたいと思っている人へ

女性起業塾や女性起業セミナーに通って失敗したなという人、ママ起業コンサルの相場を知りたい人、キラキラ起業女子は気持ち悪いけど末路が気になるという人にとっては参考になるブログです。

私が勉強し続ける理由はたった一つ。そうしないと怖いから。

「笹野さんのブログには"大人になっても勉強した方が良い"とよく書いていますが、どういう経緯でそう思うようになったのですか?」と札幌出身の色白美人に個別コンサルで質問されました。理由はたった一つです。勉強し続けていないと怖いのです。

 

個人事業主やフリーランスには「後ろ盾」が無いので、誰も守ってくれません。怪我をしたり病気になれば、すぐに収入が下がります。不祥事でも起こそうもんなら、一生食いっぱぐれる可能性もあります。常に「綱渡り」みたいなものです。

 

そんな状況で唯一頼れるのが「自分の脳みそと体験」です。だから、そこに時間とお金をかけるのが、最も効率が良いと判断し、それを淡々と実行しているのです。

 

学生時代には「強制的」に勉強させられるので、あまり差がつきません。が、大人になってから勉強する人はごく少数なので、差がつきやすいです。こんなにも「楽に勝てる方法」は他にありません。

 

日本人の半分は月に1冊も本を読みません。月に7冊以上読む人は、全体の「3%」です。この3%の人間に、ほとんどの富と権力が集中するというのが、世の中の仕組みです。

 

この事実を本を読んで知って以来、読書熱が加速しました。私が読書にハマったのは20歳の頃からですが、それから20年以上ずっと、月に「30〜40冊」は読んでいます。書評ブログを参考にしているお客様も多いです。

 

  • この先、思うように稼いでいけるか不安
  • 将来、きちんと生きていけるのか心配

こんな風に思っている人が大半ですが、それは勉強しないからです。普段から勉強してておくと、どこにどんな問題があって、自分にどう関係し、どのように対処すれば良いのかが分かるようになります。そうすると、不安や心配は解消されます。

 

それでも、不安や心配の「種」は次から次へと押し寄せてきます。その「波」をうまく乗り切るには、勉強に「没頭」することです。

 

分野はなんでも構いません。難しい本を読むだけが勉強だけではありません。幼児向けの絵本を作っているのは、高学歴で優秀な大人です。そこからも学ぶことは山のようにあります。

 

こうして勉強を「広く捉える」ようにすると、苦手意識が消えていきます。どんどん勉強して、不安や心配から逃れましょう。それが、豊かに、安定的に生きるための、唯一の方法です。

→起業後の集客・アイデア・成功のコツ

→個別コンサルの料金と詳細