怪しい起業コンサルタントや起業塾、女性起業セミナーに不信感を抱いている人へ

女性の起業を成功に導くプロとして、15年間で述べ5,000人以上の相談に乗ってきました。集客が楽になり、売上がアップしてお金の悩みが解決する方法を、あなたの適性や職業に合わせてアドバイスします。

起業に経営感覚や経営者マインドは必要ですか?

「Twitterを見ていると、起業コンサルタントと名乗る方の投稿で、女性が起業するには経営感覚や経営者マインドが必要だと書いてあったのですが、どう思いますか?」と、これから起業したいという50代の方に質問されました。一体、誰がそんなこと決めたの?というのが、率直な意見です。

 

そもそも個人事業主として継続的にやっていくには、とにかく「売れる」ということが大切です。それさえ出来れば、後は何とかなるのですが、そこに至ってない状態で、経営感覚や経営者マインドがなぜ必要なのか。私には理解できません。

 

この相談者はとても真面目な方で「経営者向けのビジネス本とか読んだ方が良いですか?」とも聞いてきましたが、それもよく分かりません。たった一人で事業を始めようという時に、会社の経営者向けの本が役立つとは思えません。それよりも自分自身がどうやったら売れるかを、もっと気にするべきです。

 

つまり、考えることの「順番が逆」なのです。一人で始めるなら、まずはあなた自身が売れるためにどうすればいいのかを考えましょう。奇跡的にうまくいって、法人化し、社員が増えてきたら、そこで初めて経営感覚や経営者マインドを身につければ良いのです。今のあなたには一切必要ありません。

 

個人事業主として必要なのは、経営感覚や経営者マインドではなく、確定申告のやり方や納税の仕組みです。ネットで調べればいくらでも出てきます。本屋さんに行けば、分かりやすい解説書がたくさん並んでいます。どうせ読むなら、こういう本を選びましょう。

 

この相談者のように、やる必要のないことを「やらなければ」と勝手に思い込み、時間を無駄にしている人はとても多いです。何度も言いますが、あなたがやるべきことは、自分が売りたい商品やサービスをいかに売るかということを真剣に考えることです。

 

極端な話をすると、売れるようになるまでは、それに「全集中」しても良いくらいです。その他は些末なことに過ぎません。やるべきこと、やらなくて良いことを、最初に理解しておくと、起業はスムーズに行きます。

→起業準備中・起業したい人向けの記事

→個別コンサルの料金と詳細