怪しい起業コンサルタントや起業塾、女性起業セミナーに不信感を抱いている人へ

起業するなら失敗したくない、起業したけど仕事がない、今よりもっと売れるようになりたいという女性の相談に乗り続けて15年。述べ5,000人以上の悩みを解決してきました。集客が楽になり、売上がアップする方法をあなたにアドバイスします。

「ブログでブランディングに力を入れたい」という人にした2つの注意

「ブログでブランディングに力を入れたいです」と横浜市内で自宅サロンをやっているお客様から相談されました。「笹野さんのブログのように、思わず読んでしまうというか、人を惹きつけるブログにしたいんです」とも言われました。

 

注意点が2つあります。

  • そもそも私はブランディングを全く意識していない
  • 笹野と同じような文章を書ける人は極端に少ない

ここを理解しておかないといけませんよ、という話をしました。

 

私はブログを2008年の秋からずっと、毎日更新しています。総投稿数は「1万本」を超えていると思います。さすがに毎日書くのは不可能なので、予約投稿を使ったり、過去の記事を書き直したりして、このペースを保っています。

 

その「結果」として、読む人が読めば、一つの「ブランド」になっているのかもしれませんが、決してそこを目指して書いているのではありません。あくまで、お客様が読みたいことや、個別コンサルで聞かれたことに対しての「回答」をブログに書き、その表現や説明方法がたまたまウケているだけの話です。

 

私のブログを真似て書いている人が多いのも知っています。中には、記事のタイトルまで思いっきりパクっている人もいます。それを「パクってますよ」と教えてくれる人もいます。が、全然気にしてません。

 

そういう人のブログを読むと「カタチやうわべ」をパクっているだけで、本質にはまるで迫れていないからです。800文字前後という分量で、これだけのクオリティの記事を量産するのは、はっきり言って難しいです。すぐに真似れるようなものではありません。そこが私の「強み」です。

 

この相談者も同じです。私と同じようなブログを目指そうという時点で、方向性を間違っています。あなたにはあなたに適したやり方があります。それはブログ以外かもしれません。まずは、そこから考えるべきです。という話をすると、ものすごく深くうなずいていました。

 

余談ですが、私のブログの表現方法を「笹野メソッド」や「笹野節」と言ってくるお客様がたまにいます。そういう人は、どっぷり「ハマっている」人です。たいてい、個別コンサルを受けに来てくれます。

→ブログ集客のコツ、方法、書き方

→個別コンサルの料金と詳細