怪しい起業コンサルタントや起業塾、女性起業セミナーに不信感を抱いている人へ

女性の起業を成功に導くプロとして、15年間で述べ5,000人以上の相談に乗ってきました。集客が楽になり、売上がアップしてお金の悩みが解決する方法を、あなたの適性や職業に合わせてアドバイスします。

なぜ売れないのかより「なぜ売れるのか」を考えた方が売れるようになる

なぜ売れないのかより「なぜ売れるのか」を考えた方が、はるかに売れるようになります。

 

売れない人は、なぜ売れないのかを考えます。売れない理由を探し、売れない事例について敏感に反応します。ニュースでいえば「失敗、減少、倒産」といったキーワードをついついクリックしてしまいます。

 

それを見て、心の中で「安心」しているのです。「自分だけじゃない」とか「大手企業でも、失敗することがあるんだから大丈夫」というように。日本人にはこういう人が多いですが、はっきり言ってむなしいだけです。そこからは、何も生まれません。

 

人の脳は、考えていることを忠実に再現しようとします。あなたが売れないということを考え続けていたら、そういう現実が目の前に現れます。これは、脳科学の観点から見ても、実に正しい話です。

 

一方、売れている人は、売れていることに敏感です。同じようにニュースサイトを見ていても「成功、成長、増加、飛躍」といったキーワードをクリックします。脳が自然と、そういうキーワードに反応するように、普段から「習慣化」されているのです。

 

売れているということは、必ず「売れている理由」があります。商品力かもしれないし、ネーミングかもしれません。売り方かもしれないし、売っている人のキャラクターかもしれません。フォトジェニックに力を入れているかもしれないし、SNS一切禁止!というやり方かもしれません。それを丁寧に見ていけば、必ず自分の仕事にも活かせます。そういう視点を持てれば「売れる人の思考」が身に付きます。

 

うちのお客様には、実は、既に売れている人もたくさんいます。そういう人に限って、自分がなぜ売れているかを分かっていません。だから、不安なのです。今は売れていても、これからどうなるか分からない。どうしたら良いか相談したい。そういうパターンが、とても多いです。

 

既に売れている人にいつも言うのは、たった一つです。「売れている理由を探しましょう」と。本当にこれだけです。なぜ売れているのか、なぜ買ってくれているのか。そこが分かれば、売上げの「再現」ができます。

 

私は、自分が売れている理由をほぼ完璧に把握しています。だから、どれだけ不況になろうとも、コロナ禍が長引こうと、売上げの再現ができる自信があります。こうなると、強いですよ。

→起業後の集客・アイデア・成功のコツ

→個別コンサルの料金と詳細