女性起業家向けビジネスコンサルタント笹野健の公式ブログ

女性の起業を成功に導くプロとして、15年間で述べ5,000人以上の相談に乗ってきました。集客が楽になり、売上がアップしてお金の悩みが解決する方法を、あなたの適性や職業に合わせてアドバイスします。

起業に失敗した人の末路とは?失敗する人の特徴3つと回避する方法

起業に失敗した人の末路をネットで調べて、ただでさえ不安なのに、更に不安になる人が多いですが、やり方を間違えなければ、そんな酷いことにはなりません。

 

失敗する人の特徴は、以下の3つです。

  • 需要の無い商売をやってしまう
  • 競争の激しすぎる商売を選んでしまう
  • 異常にお金をかけ過ぎる

これだけは避けましょう。そうすることにより、失敗の確率をグンと下げれます。

 

そもそも、需要の無い商売をやったところで、売上は立ちません。誰も欲しいと思っていないものを熱心に売っても、商売にはなりません。そういうことをやっている人に限って、やたらとSNSを頑張っていたり、セルフブランディングがどうとか言いたがります。残念な人だなと思います。

 

競争が激しすぎる商売を選んでしまうのも、起業に失敗する人の特徴です。ネット上や本屋さんの起業本コーナーで見て「自分もやってみたい!」と思うのは勝手ですが、あなたが今から始めても、もう遅すぎます。

 

その分野には既に「第一人者」がいる訳で、同じことをやっても勝てる訳がありません。その第一人者の「コバンザメ」として生きるしか、その分野で活躍する道がないのが実情です。憧れだけで始めると、よく分からない「○○検定2級」とか、何の役にも立たない資格をもらって終わるパターンがほとんどです。

 

異常にお金をかけ過ぎる人は、テンションが上がってしまっているので、少し冷静になりましょう。お客様がまだ一人もいないのに、やたらと内装にこだわったり、派手なホームページを作ったり、高額な起業塾に入ったりしています。

 

なんでもカタチから入るタイプなのでしょう。そんなことは「後回し」で良いのに、先にカタチを整えたがる傾向にあります。気の弱い人に多いです。

 

まとめると、需要の無いことをしない。競争が激しすぎる商売は選ばない。お金をかけ過ぎない。という「当たり前」のことばかりですが、当たり前のことすら出来ない人が、あまりにも多いということです。

 

あなたには、起業に失敗した人の末路に登場するような、悲惨な人生を歩んでほしくありません。そう思って、この記事を書きました。

→起業準備中・起業したい人向けの記事

→個別コンサルの料金と詳細