女性起業塾や起業コンサルは怪しい、やばい、辞めたいと思っている人へ

女性起業塾や女性起業セミナーに通って失敗したなという人、ママ起業コンサルの相場を知りたい人、キラキラ起業女子は気持ち悪いけど末路が気になるという人に対して「どうすれば売れるようになるのか」を淡々と書いたブログです。

起業初心者が目指すべきは東急ハンズの1コーナー

「起業したいんです」という人によく言うのが、売れたいなら、東急ハンズの1コーナーに置かれるような、マニアックな商品を作った方が良いですよ、という話です。

 

東急ハンズに行くと、人通りの多いメインの売り場ではなく、端っこの方にぽつんと置かれているようなコーナーが気になります。

 

これ、一体、誰が買うんだろう?と不思議に思うのですが、置いてあるということは、誰かが買っているか、担当者が「これは売れる」と判断したということです。一ヶ月後にまた見に行き、まだ置いてあったら、それなりの需要なり販売実績があるということです。

 

商売を始めたばかりの段階で、いきなり大勢に売れることはありません。あなたは天才ではありません。そんなヒット商品を生み出す才能も、資金力も、生産するシステムも持っていません。だから、そこを目指すこと自体、間違っているのです。

 

個人がやるスモールビジネスでは、いかに「用事のある人」の期待に応えるかが重要です。数は少ないけど、困っている人がいる。その人の不満や悩みをどう解消するのか。そこが問われます。

 

読解力の低い人が間違えないように、一応、注意しておきますが、商品を作って、東急ハンズに置いてもらえるように、プレゼンをしなさい、ということではありません。世の中のごく小数の人の困りごとを見つけ出し、それに応える商品を作ることが、個人が生き残る道ですよ、と説いているのです。

 

どんな大企業でも、創業当初は中小企業や個人事業のスモールビジネスです。小さな不満や悩みを解消したり、その声に応え続けてきた「結果」として、大きくなったのです。

 

「起業一年目で年収一千万円」とか宣伝文句にしている人がいますが、馬鹿げた話しです。商売のド素人がそこを目指すと、痛い目に遭います。夢を見るのは自由ですが、実現はしないでしょう。方向性が、そもそも間違っているからです。

→起業準備中・起業したい人向けの記事

→個別コンサルの料金と詳細