女性起業塾や起業コンサルは怪しい、やばい、辞めたいと思っている人へ

女性起業塾や女性起業セミナーに通って失敗したなという人、ママ起業コンサルの相場を知りたい人、キラキラ起業女子は気持ち悪いけど末路が気になるという人に対して「どうすれば売れるようになるのか」を淡々と書いたブログです。

人見知り診断をやったら「100%」だった件

自分では「極度の人見知り」だと思っていて、プライベートでは「出来れば、誰とも話したくない」と思っています。

 

知らない人に話しかけられるのが大嫌いで、街中のキャッチやアンケートと称して付きまとってくる人間は「秒殺」します。服屋の店員さんが「何かお探しですか」とか「サイズあるんで言ってくださいね」と声をかけてきたら、聞こえないふりをして「完全に無視」します。そのくらい、私にとってはストレスのかかることなのです。

 

これを客観視するために、人見知り診断なるものをやってみました。複数の選択肢があり、順番に選んでいくのですが、その結果が「人見知り度100%」で「ザ・人見知り」とのことでした。とうとう「認定」されてしまいました。

 

この診断テストにどのくらい「信憑性」があるのかは分かりませんが、そこまで外れていないでのは、と思います。他のテストも試しましたが、そちらでは「76%」でした。

 

居酒屋に一人で行くことが多いです。が、店主や他の客と話すことは滅多にありません。一人でずっと黙って飲んでいます。店内の様子を観察したり、ぼんやりとメニューを眺めたり、料理を作っている様子を見ています。それが心地良いからそうしているのに、急に話しかけられると困ります。

 

「話し好きの店主がいます」とか「すぐに隣のお客さんとも打ち解けられる雰囲気です」と書いてあるお店には、絶対に近づかないようにしています。見ず知らずの人と喋っている間に、酒がまずくなりそうで嫌なのです。

 

このように、かなり「こじらせている」のですが、なぜ、人と直接会って話すコンサルタントという仕事をやっているのか、不思議がられることがよくあります。私にとっては、不思議でもなんでもありません。

 

人見知りだからこそ、観察力が磨かれ、敏感な変化に気付き、相手のことがよく見えます。この人は、どういうことを考え、どう言ってほしいのか、瞬時に理解できます。そういう「能力」が存分に活かせるので、もはや「天職」だと思っています。

 

仕事でお客様とお会いする時には「仕事モード」に切り替えます。二時間が限度です。初対面の人と直接会って話をするという「プレイ」をしている感覚です。

 

人見知りの人間は、繊細で神経質です。些細なことが気になり、すぐにイライラしてしまいます。ガサツな人間が大の苦手で、同じ場所にそういう人がいると、すぐに立ち去りたくなります。

 

こういうことを書いたり言ったりしておくと便利です。「実は、私もそうなんです」と、同じような人が集まってくるのと、違うタイプの人は離れていきます。結果的に人間関係のストレスが減ります。こういうのを「戦略」と言うのです。

→笹野健はどういう人物なのか?