女性起業塾や起業コンサルは怪しい、やばい、辞めたいと思っている人へ

女性起業塾や女性起業セミナーに通って失敗したなという人、ママ起業コンサルの相場を知りたい人、キラキラ起業女子は気持ち悪いけど末路が気になるという人に対して「どうすれば売れるようになるのか」を淡々と書いたブログです。

仕事に役立たない本の方が、実は役に立つ

「どんな本を読んでいるんですか?」と聞かれることが多いので、いちいち説明する手間を省くために、それ用のブログを別に書いています。

ameblo.jp

個別コンサルに来てくれる人はこれを読んでいる率が高く、対面した際に「あの本を買いました」とか「自分では選ばなそうな本をたくさん知れて良かったです」と言われることが多いです。

 

本の一覧を見てもらえれば分かる通り、ジャンルは見事に「バラバラ」です。ビジネス書や自己啓発書の類は一切なくて、小説(ミステリーや刑事小説が多め)、エッセイ、旅日記、グルメ、酒、医学、建築、落語、デザイン、写真と多岐に渡っています。

 

なぜこんなチョイスになるのかというと、私は「仕事に役立てよう」と思って本を読んでいないからです。単純に読書が好きなので「興味があるから」とか「読んでみたいから」という基準で選んでいます。

 

好奇心が強く、興味の幅も年々広がっています。気になったものは片っ端から読んでいます。すると「こんな風に」なってしまうのです。

 

本屋さんで目立つところに展開されている本や、アマゾンのランキングに入っているような本は、みんな読んでいます。そういう本ばかり読めば読むほど「その他大勢」と同じになってしまいます。

 

私が選ぶ本は、マニアックなものが多いです。「この本を今読んでいるのは、もしかして日本で一人だけじゃないか?」と思うこともよくあります。そういう本ばかり読んでいると、他人が興味を持って会いに来てくれます。そこには金銭が発生するので、私の「利益」になるということです。

 

そもそも「仕事に役立つ本だけを読もう」という発想がダメです。みんなが読んでいる本を読んで安心している時点で、センスがありません。そんなことを繰り返していると、確実に「つまらない人間」になってしまいます。

 

最後に、私の大好きな森博嗣さんの名言を紹介しておきます。「本を読むことの価値の80%くらいは、どの本を手に取るか、ということにかかっている。つまり、自分が何を読みたいのか、ということに自分で答えることが、読書をする価値のほとんだと思う」

 

まさしく、その通りだと思います。自分が読む本くらい、自分で選びましょう。

→起業後の集客、アイデア、成功のコツ

→個別コンサルの料金と詳細