怪しい起業コンサルタントや起業塾、女性起業セミナーに不信感を抱いている人へ

起業するなら失敗したくない、起業したけど仕事がない、今よりもっと売れるようになりたいという女性の相談に乗り続けて15年。述べ5,000人以上の悩みを解決してきました。集客が楽になり、売上がアップする方法をあなたにアドバイスします。

実体験の多いブログほど読み応えと説得力がある

「ブログから集客するにはどうしたらいいですか?」と個別コンサルで聞かれることが多いです。あなたが実際に体験したことをたくさん書いてくださいね、といつも回答しています。

 

話がつまらない人や、説得力のない人ほど、データや論理でなんとかしようとします。が、なんともなりません。それでは相手の頭の中に「映像が浮かばない」からです。

 

話のおもしろい人の特徴は、聞いている人の頭の中に「鮮明な映像が浮かぶ」ことです。初めて聞いた話なのに、まるで自分がその場にいるような錯覚に陥ることもあります。だから、ぐいぐい引き込まれるのです。これをやるのに最も手っ取り早いのが、実体験を話すことです。

 

本やネットに書いてあることは「他人の体験談」です。それをいくら読んでも「聞いた話によると・・・」になってしまい、いまいち熱量が上がりません。他の誰かが同じ話を読み、他人に話していることもあります。「その話、どこかで聞いたことあるな」と思われる可能性もあります。

 

実体験は「オンリーワン」の話です。あなたにしか話せません。だから貴重なのです。「大した経験なんて特にありません」という人ほど、じっくり聞いてみると、ユニークなエピソードを持っています。本人が気付いてないだけで、他人が聞くとおもしろい話は、人間誰しも持っているものです。それをそのままブログに書けば良いのです。

 

私のブログには「実体験しか」書いていません。お客様に直接聞かれたことに対する回答や、実際に言われたことを「そのまま」書いています。「笹野さんのお客様って、こんな人ですよね」と言われることが多いのは、その影響です。読んでいる人の頭の中に、鮮明な映像が浮かんでいるということです。

 

文章は下手でも構いません。起こった出来事を箇条書きにしたり、会話形式にすれば、文章力は必要ありません。下手に格好をつけて書くより、その方がよっぽど読まれるし、説得力もあります。そのことに気付くと、ブログはもっと書きやすくなります。

→ブログ集客のコツ、方法、書き方

→個別コンサルの料金と詳細