女性起業塾や女性起業セミナーは怪しい、やばい、辞めたいと思っている人へ

女性起業塾や女性起業セミナーに通って失敗したなという人、ママ起業コンサルの相場を知りたい人、キラキラ起業女子は気持ち悪いけど末路が気になるという人にとっては参考になるブログです。

小説はビジネスにどう役立つのか?

笹野さんの書評ブログを読んでいると、小説をよく読まれていますが、ビジネスにどう役立つのでしょうか?」と音楽教室をやっている方に質問されました。小説には、この世のありとあらゆることが書いてあります。表も裏も。それを知っていると、ほとんどのことには対処できるようになります。

 

人がいかに失敗して、そこにはどういう原因や理由があり、もしそうなった場合にはどうすればいいのか。それが書いてあるのが、文学作品であり、小説です。

 

ビジネス書には、表の世界のことしか書けません。著者は実名で、実際に存在する企業名や商品名が出てきます。間違ったことを書いたら訴えられる可能性があるので、下手なことは書けません。どうしても「無難」な内容になってしまいます。

 

小説なら自由に書けます。さすがに実名は出しませんが、表も裏も書き放題です。巻末に「これはフィクションです」の一言があれば、訴えようがありません。限りなく本当の話に近いフィクションが、この世には多数存在します。

 

それと、人間の感情や心理について、深く学べます。人は、こういうことが起こった時、どう感じるのか。それをきっかけにどう行動し、どんな運命を辿るのか。それが小説から学べます。

 

ビジネスというのは、人が、人に向けて売り、人が、人から買います。ということは、人間の感情や心理、行動原理が分かっていないといけません。優秀な営業マンやカリスマ経営者というのは、この部分に長けています。

  • この人は、実際は何に困っているのか?
  • こんな提案をしたら、どう思うか?
  • 本音では、どうしてほしいのか?

このような「想像力」の有無が、ビジネスの成功を大きく左右します。

 

人の気持ちが分からない人には、ビジネスはできません。仮に少し売れても長続きしません。売上というのは「人の本音の集積」だからです。一回目は買ってくれても、リピートしてもらえないのは、買った時に何かしら嫌なことがあったからです。

 

という話をしたら、相談者は「帰りに本屋さんに寄って、小説を何冊か買います」と言っていました。東京駅の近くでお会いしたので、私もよく行く丸の内オアゾの丸善書店をおすすめしておきました。

 

本なんて読まなくても、ビジネスで成功する人はいます。が、あなたはそんな「天才」ではありません。その事実をしっかりと受け止め、謙虚に学び続けましょう。本から得れることは「無限」にあります。そう信じて、まずはお気に入りの一冊を選んでください。その瞬間から、あなたの人生は「好転」し始めます。

→起業後の集客・アイデア・成功のコツ

→個別コンサルの料金と詳細