女性起業塾や女性起業セミナーは怪しい、やばい、辞めたいと思っている人へ

女性起業塾や女性起業セミナーに通って失敗したなという人、ママ起業コンサルの相場を知りたい人、キラキラ起業女子は気持ち悪いけど末路が気になるという人にとっては参考になるブログです。

店主のレベルと顧客のレベルは必ず一致する

そこにいるお客様を観察していると、店主がどんな人なのか、すぐに分かります。上質なお客様がいるお店の店主はやはり上質であり、低レベルな客しかいない店は、低レベルな店主がやっています。

 

初めて入るお店を選ぶ際、外から中を少し覗きます。大声が聞こえてきたら、その店は「ハズレ」です。外にまで聞こえるくらいの大声を「許している」店主がやっているということです。そんな人間に、美味しい料理や素敵な空間が作れる訳がありません。

 

いくらミシュランで星を取ろうとも、有名店で修行しようとも、食べログの名店100に選ばれようとも、店主のレベルが低いと、簡単に潰れます。

 

写真をバシャバシャ撮ったり、他人に迷惑をかける行為を許していると、それをなんとも思わない人しか来なくなります。そこに偶然にも同席した人がネットに正直な感想を書くと、まともな人は嫌がります。こうして徐々に新規客が減り、低レベルな常連しか残らなくなり、最終的には「三流店」に成り下がるのです。

 

一見、古くても、見事に磨き上げられた檜板のカウンターがあるお店は信頼できます。確かに年数は経っていますが、店内は掃除が行き届いており、丁寧な仕事をする人なんだろうなと想像できます。

 

品の良い常連が付いていて、静かに、心地よさそうに過ごしています。ネットを見て来た新規客が騒ぎ出すと、やんわりと注意します。しかも、かなり早いタイミングで。そうしないと、この空間を守れないからです。

 

「最近、変なお客さんばっかりなんです」と相談を受けることがあります。そういう人ほど、本人が低レベルなのです。発信している情報がチープだったり、冷やかし客でも問題ないような料金設定だったり、提供している商品やサービスの質が悪かったりします。

 

お店のレベルは店主のレベルで決まるのと同じように、あなたの顧客の質は、あなた自身のレベルで決まります。あなたが発信している情報と、来るお客様のレベルは見事に「比例」します。良いお客様が欲しければ、まずはあなた自身のレベルを上げることです。

→起業後の集客・アイデア・成功のコツ

→個別コンサルの料金と詳細