怪しい起業コンサルタントや起業塾、女性起業セミナーに不信感を抱いている人へ

起業するなら失敗したくない、起業したけど仕事がない、今よりもっと売れるようになりたいという女性の相談に乗り続けて15年。述べ5,000人以上の悩みを解決してきました。集客が楽になり、売上がアップする方法をあなたにアドバイスします。

独立に成功した美容師の実例

「ずっとどうしようか悩んでいましたが、笹野さんに"さっさと独立した方が良いよ”と言ってもらい、ようやく決断できました。背中を押してもらって感謝しています」と美容師の方からメールが来たのが約一年前です。

 

私の周りには、昔から異常なくらい「美容師関連」の人間が多いです。姉が元美容師なので、高校生の頃からサロンの「カットモデル」をやっていました。それからずっと周りの美容師関連の人に切ってもらったりパーマをしてもらっているので、髪の毛に関してお金を払った記憶がほぼありません。髪型はしょっちゅう変わりますが、全部「タダ」です。

 

美容院の経営の話や人間関係のあれこれに関しても、当然のように耳に入ってきます。どういう人が生き残れて、どういうタイプなら脱落していくかも分かります。大手の美容院にいた方が活きるタイプと、独立して個人でやった方が良いタイプの違いも分かります。

 

そういう「前提」があるので、美容師の方からの相談はやりやすいです。話を聞いていても「あぁ、このパターンか」と思うようなことが多いです。

 

この方は、経歴や実績、人柄やお店での人間関係の悩みを聞いている限り、今すぐ所属している店舗から抜け出した方が良いなと思いました。運良く、お金の都合もつきそうで、居抜きの物件も探しているとのことだったので、とてもラッキーな状況でした。それならさっさと独立した方が良いよ、と言うのは当然の流れです。

 

最近またメールが来ました。「お久しぶりです。あれからオープンにこぎつけ、お客様の数も徐々に増えてきています。独立するまでは一人で悶々としていましたが、あの時に相談して本当に良かったなと思いました。また色々と相談させてください」とのこと。

 

今のお店を辞めようかどうしようか。独立してやっていけるかどうか。悩み続けている人は多いですが、やってみると意外と「すんなり」いくこともあります。が、タイミングや運や縁も大事です。そういうことも含めて、他人に一度相談してみるのは、良いことだと思います。別に、私でなくてもいいので。

→個別コンサルの料金と詳細