女性起業の成功例と売上アップの集客方法・アイデア集【2022年最新版】

アフタヌーンティー・ティールーム、イベント運営会社、ネット通販会社を経て27歳で独立。14年間で4,000人以上の相談に乗り、アドバイスしたお客様の売上総額は「1億円」を突破。トヨタ自動車のサイトでの執筆やYahoo!ニュースへの掲載多数のコンサルタント笹野健によるブログです。

起業に失敗してその後再就職することになっても気にすることはない

起業したものの、なかなか思うようにいかず、その後再就職することになる人も多いですが、別に気にすることはありません。

 

本人は「失敗した」と後悔したり、引きずったりしがちですが、周りは「よく頑張ったね」とか「勇気を出して行動して偉いね」と言ってくれたりします。だから大丈夫です。

 

始める時のエネルギーよりも、辞める時のエネルギーの方が「倍」かかります。結婚より離婚の方が大変なのと同じです。「せっかく今までやってきたんだし・・・」と思いがちですが、良くなる見込みが無いのなら、スパッと諦めて再出発した方が、傷は浅くて済みます。

 

「起業したものの上手くいきません」という人が相談に来る場合、10人中9人は起業に向いていない人です。向いていない人が憧れや勢いで起業したのです。それで失敗するのは当然であり、何一つ驚くことはありません。「そりゃ、そうでしょうね」という話です。

 

会社員→起業→会社員というキャリアは、今後は「普通」になっていきます。今の勤め先が嫌で起業してみたいという人は多いですが、それで成功する人は一握りなので、食べていく為には仕方ありません。

 

「再就職の面接で何か言われるんじゃないか?」と不安がる人も多いですが、心配ありません。一度でも起業したことのある人は、行動力や勇気があると思われます。そう思われないようなら、そう思われる人に出会えるまで、面接を受け続ければ良いだけです。

 

一度失敗してうまくいかなかったのなら、もうやらないだろうと思われることもあります。それならいっそのこと、採用されやすいはずです。会社としては長く勤めてほしいので、まさにうってつけの人材と言えます。

 

あなたのキャリアなんて、誰も気にしていません。時間が経てば、起業したという事実すら忘れられます。気にしているのは本人だけで、周りは何とも思っていません。

 

ということを踏まえて、起業に向いていない人には、ハッキリとそう言ってあげるのが、本当の「やさしさ」であり「愛情」だと思います。

→起業準備中・起業したい人向けの記事

→個別コンサルの料金と詳細