女性起業塾や女性起業セミナーは怪しい、やばい、辞めたいと思っている人へ

女性起業塾や女性起業セミナーに通って失敗したなという人、ママ起業コンサルの相場を知りたい人、キラキラ起業女子は気持ち悪いけど末路が気になるという人にとっては参考になるブログです。

値上げしたら売れた例、売れなくなった例

同じように値上げしても、売れるようになる人と売れなくなる人がいます。どこに違いがあるかというと「値段に見合った層にアピールできているか」です。

 

例えば、あなたが3千円の商品を売っているとします。それで順調に売れていたところ、5千円に値上げしたら少し売上が落ちました。次は1万円にしてみたら、意外とまた売れるようになりました。こういうことがなぜ起こるのか、説明します。

 

世の中には色んな層があり、3千円なら買う人の層、5千円でも買う人の層、3千円や5千円なら買わないけど、1万円なら買う層というように「色分け」されているのです。分かりやすく書くと、こんな感じです。

  • Aグループ→3千円なら買う層
  • Bグループ→5千円でも買う層
  • Cグループ→3千円や5千円なら見向きもしないけど、1万円なら「価値がありそう」と思って買う層

というように、同じ商品でも、値段によって「購入層」が違ってくるということです。

 

値上げに躊躇する人は、Aグループの人のことしか頭にありません。3千円を5千円にしたら、今まで買ってくれたあの人がもう買ってくれないかもしれない。そう思い、なかなか、値上げに踏み切れません。

 

が、その考えは間違いです。先にも書いた通り、世の中には色んな層が存在します。今までは3千円なら買ってくれた層としか「出会っていない」だけです。5千円や1万円でも買ってくれる層にはまだ「アプローチ」すらしていません。だから出会う機会すら無かったということです。

 

もし、あなたの商品を3千円から5千円に値上げしたら、どんな情報発信が必要でしょうか?1万円に値上げしたら、どんな人が買いに来てくれるでしょうか?そこを想像し、試行錯誤を繰り返すことが、商売の醍醐味です。

 

良くないのは、3千円から1万円に値上げだけしておいて、他を何も変えないパターンです。商品の質も、情報の出し方も一切変えず、値段だけ上げるから、お客様から「割高になったな」とか「コスパが悪くなった」と思われるのです。こういう人がけっこう多いので、注意しましょう。

 

まずは「期間限定」で値上げしてみて反応を伺うとか、高額商品をラインナップに加えてみるとか、やり方はいくらでもあります。あなたが思っているよりも、すんなり受け入れられるかもしれませんよ。

→値上げしても売れる方法まとめ

→個別コンサルの料金と詳細